« 海洋堂 アルフォンス・ミュシャ フィギュアミュージアム 2集 | トップページ | S.I.C. 匠魂 Vol. 3 キカイダー01 (ゼロワン) »

2006年2月11日 (土)

旧三業「飲む・打つ・買う」、新三業「ジャンクフード・ゲーム・萌え」

かつて三業と言えば、酒を「飲む」、博打を「打つ」、女を「買う」だったわけですが、私はどれも好きではありません。

正しくは酒については味は好きなのですが、アルコールにとても弱いので好んで飲むことがないのです。

でも、だからと言って業が薄いかと言えばそうでもないです。
「飲む」の業は、必要のない物を飲食し、自分の身を削ることにあるのだとすれば、「ジャンクフード」を食べるのがこれに相当するでしょう。酒で中毒になるよりはマシですが、長い目で見れば偏った食生活は体を蝕みますし、現に私は太っていて成人病がちょっと心配です。

「打つ」の業は、一時の浮き沈みに心を奪われ、自らの備え(貯え)を削ることにあるのだとすれば、TV や PC で「ゲーム」をするのがこれに相当するでしょう。「ゲーム」で何かを達成した気になっても虚しく、これに時間をついやして次の仕事がおろそかになったりします。私は格闘ゲーが結構好きで今はやらなくなりましたが、昔は対戦ゲームで夜を明かしたこともありました。

「買う」の業は、異性の人間性を忘れ、自らの子孫または家族をないがしろにすることにあるのだとすれば、「萌え」系のフィギュアをめでたり、アニメを見たり、エロゲーをしたりということに相当するでしょう。私はアニメをかなり見る割に DVD やグッズを買わない「メーカーから見ておいしくないヲタク」「フツー系のヲタク」ってことになるのでしょうが、特に最近はポリゴンエロがいいなぁなんて思ったりしています。


旧三業にくらべれば新三業はマシではあるかもしれません。ジャンクフードを食っても酒のように正体を失くすようなことはありません。ゲームをしても借金にまで追いつめられるようなことはマレです。萌え系を見てキモわるがられても、女性を傷つけているわけではありません。

しかし、新三業は、その罪を自覚するのは難しいです。ジャンクフードを食べて失敗したと気づくのはだいぶ肉が腹についてからです。ゲームをして失敗したと気づくのは仕事で誰かに追い抜かれてからです。萌え系にはまって失敗したと気づくのは部屋に他人を上げられなくなってからです。


新三業は、昔どれもなかったことを考えると、今それらにはまっている人というのは昔は旧三業にはまっていたのかもしれません。そう考えれば新三業も捨てたものではないのでしょう。でも、昔は三業から踏み留まっていた人がその道にはまってしまったのだとすると、なかなか罪深いものかもしれません。
更新: 06/02/11
初公開: 2006年02月11日 16:56:25

2006-02-11 16:56:25 (JST) in 心と体, 日本語論 | | コメント (0) | トラックバック (1)

心と体」カテゴリ内の最近の記事

日本語論」カテゴリ内の最近の記事

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/8607913

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。
» JRF の私見:雑記:旧三業「飲む・打つ・買う」、新三業「ジャンクフード・ゲーム・萌え」 (この記事)

『六方礼経』そのものではなく、それをもとに書かれた道徳書『ブッダが語る人間関係の智恵 − 「六方礼経」を手がかりに』(田上太秀)の主に第一章「友人とのつきあい」を読んで、友のない私が、友というよりも知り合いの道を語り解こうと思う。 ブッダは慈悲の心を具現する方法として「四摂法[ししょうぼう] (四つの愛護)を説きました。四つとは、「与えること」(布施)、「やさしく語ること」(愛語)、「ためになるこ... 続きを読む

受信: 2009-02-20 15:06:22 (JST)

コメント

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 身から出た錆。