宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« P2P を用いた作業履歴流通の可能性 | トップページ | 仮面ライダー イマジネイション3 アマゾン »

2006年2月 4日 (土)

本ブログサイトの記事の再利用に関して

フィギュアの写真の著作権に対する見解》ではページにおいては写真が主となると書いていますが、あくまで、それは他者のものを私が利用するときのポリシーで、私の中では、ブログは一つの本のようなもので、あくまでそのようなページは本の中の従たる一ページにすぎません。

よって、商用出版物だろうがなんだろうが、ページまるまる引用するようなことも OK です。ある記事がほとんど私のページと同じで、その著者の簡単なコメントが付いてるだけって場合も引用 OK です。

カテゴリごとごそっと持っていくのは、まぁ、一言ぐらい、このサイトにコメントしてください。

そんなこたぁないと思いますが、私の記事を集めたものを売って金にしたら、私の取り分として「収益(利益じゃない)の 15%」または「原稿料として 1 記事 2500 円、ただし" 続きを読む"のない記事は 1500 円で計算」のいずれか 高いほうをいただければ、私は何もいいません。もちろん、事前に連絡してくだされば、バンバン、ディスカウントします。ただし、専売契約はありえませんので。

編集(改変)なさるときは、できるかぎり編集したことを明記し、編集責任者を明示してくださることを望みます。編集があるのに私のオリジナルな記事だと思われるより、編集責任者がまるで本来の著者で私が共著者のように見えるよう表示するほうが良いです。編集により足された部分、編集の構成について、編集者の著作権を主張することは排除しません。ただし、編集物により気づいた誤字や間違った論旨の修正等、公正な範囲での元記事へのフィードバックは断りなく行うことがありえます。

あくまでこれは私の希望で、私の著作権が及ぶ範囲に限ります。2.5 次的著作物については一次著作者の条件を参考にしてください。また、このココログを管理する NIFTY の条件もご参照の上、判断してください。
更新: 06/02/03,06/02/04,2009-01-29
初公開: 2006年02月03日 17:53:53
最新版: 2009年01月29日 22:09:59

2006-02-04 01:29:17 (JST) in 自己紹介 | | コメント (1) | トラックバック (1)

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。
» JRF の私見:雑記:本ブログサイトの記事の再利用に関して (この記事)

» Tramadol. from Tramadol.

Tramadol. 続きを読む

受信: 2007-06-14 13:39:39 (JST)

コメント

更新:編集または改変に関する段落を足した。この更新では、ポリシーをさらに明確にしただけで、条件としてはとくに厳しくも緩くもしていないつもり。

投稿: JRF | 2009-01-29 22:16:53 (JST)

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 七転び八起き。