« S.I.C. 匠魂 Vol. 6 シャドームーン (アーティストカラー ver.) | トップページ | 前回(2006-04-04)から昨日(2006-06-30)まで 88 日間のアクセス解析 »

2006年6月20日 (火)

P2Pファイル共有がある社会の著作権法に向けて

セキュアジャパン 2006 の Winny 対策としての VM は釣り?》の最後に書いたものの再録ですが、プラスして少しだけ説明したいと思います。《CNET:エコノミー、マーケティング、そして IT:著作権クライシス》を見て関連としてまとめておこうとしたのが動機です。


ここでは「フリーの代価」は必要だし、そのために上限を設けないと将来が不安だと述べています。


ここでは著作物のネット利用について、「個人利用」ができる場合があるという信念とパロディなどの表現の自由のために、著作者側の無努力に対して、私は「翻案権」を簡単に(しかも著作者との接触なく自己責任で)行使できるようにしてくださいと唱えています。


ここではより妄想度が強いですが、著作者がそれぞれ銀行のような役割を果たすことを目指しています。中抜きがあるかもしれませんが、ファイナンシャルマネージャー的な仕事は増えるかもしれません。


P2Pファイル共有課税や暗号通信課税も必要なのかもしれませんが、それは音楽などの対価とせず、成人用に指定してネットの保証金ぐらいにすべきです。そこからしか音楽に金が回らないのはビジネスとしてムリでしょう。

ただし、どれぐらい使ったかは自己申告にしないと盗聴などのプライバシー上の懸念や、暗号メールをすべて中継点で記録される等の不都合が出かねません。

案外、キーやマウスのアイドル時間やアプリケーションや利用サイトの利用時間ごとに「自己申告」で色を付けてあとから集計するとかいうアプリが必要なのかも。もちろん、お持ち返り自由でサービス残業もカウント。:-)


ここでは合法ウィルスすなわちネットワークワクチンを使うのを許してはどうかと述べています。


皮肉ぎみにプロバイダによるP2Pファイル共有への規制を「問題ない」しています。


P2Pファイル共有に積極的意義を見出し、作業履歴流通に使うと良いのではないかと述べています。


これは文化庁のパブコメ募集の機に、私的利用についてザッと考えてみたシリーズです。P2Pファイル共有と特に関連が深いのは(1)と(4)でしょうか。
初公開: 2006年06月20日 01:34:04
最新版: 2007年11月23日 12:47:59

2006-06-20 01:34:02 (JST) in 情報工学・コンピュータ科学, 経済・政治・国際 | | コメント (5) | トラックバック (3)

情報工学・コンピュータ科学」カテゴリ内の最近の記事

経済・政治・国際」カテゴリ内の最近の記事

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/10601194

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。
» JRF の私見:雑記:P2Pファイル共有がある社会の著作権法に向けて (この記事)

» clomid for men from clomid for men

mircette on line atenolol side effects ambien abuse 続きを読む

受信: 2006-06-21 11:40:47 (JST)

 プッツン女優で有名な”広末涼子”なんと東京メトロの車内で、痴漢と遭遇!!  おしりを触られ! Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)オマンチョまで触られた!! 続きを読む

受信: 2006-06-26 09:23:42 (JST)

 18日W杯 日本ークロアチア戦で0−0と同点だった日本! なんと、応援盛り上がる中、ただ一人とんでもない事をしでかした男がいた!! その男は、渋谷のスポーツバーでW杯の観戦・応援をしている女性の オッパイをモミモミしていた!!      その男の名前は・・・ 江頭:2:50 (  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノとんでもない衝撃映像!  ... 続きを読む

受信: 2006-07-01 15:56:40 (JST)

コメント

更新:誤字と意味不明な文を直した。

投稿: JRF | 2006-06-20 21:47:02 (JST)

更新:おそらく同じところからと思われるスパムトラバをいくつか記念に残してから消した。この記事について同様のトラバが付いたら消していくつもりです。

投稿: JRF | 2006-07-01 16:23:49 (JST)

更新:リンクの切れた追記を消し、文法のまちがいを少し修正した。

投稿: JRF | 2007-10-29 20:17:31 (JST)

更新:《Winny 媒介流出事件…》以下のリンクを追記した。

投稿: JRF | 2007-11-03 14:33:55 (JST)

更新:「私的複製を考えるシリーズ」へのリンクを足した。

投稿: JRF | 2007-11-23 12:49:50 (JST)

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 七転び八起き。

今日のネットの話題: 今日もさんざんだった。保険どうしよう。