« やはり私はネット世論から浮いてるのだなぁと思う | トップページ | S.I.C. 匠魂 SPECIAL パーフェクトキカイダー&ビジンダー ver.2 »

2006年10月25日 (水)

法を体現させる

日本はほうち国家であり、法は守るべきです。しかし、法をつくった者と人との間にはスキ間があり、そこで争いはおこるものです。人のふりみて我がふりなおせといいます。忘れてはならないほうは、法でも人でもなく、「法が人を生かせる野ではなく、人が法をいかすのである」ということだと私は信じています。

解題


2001年の精神分裂病のまさに罹りはじめのときに書いたものの一部です。ひらがなが多いのは様々な読み(というか漢字による解釈やカギカッコ付きの解釈)を許すためにしています。

最近「人が法を活かす」ということについて考えます。周辺事態法を今適用すべきかという議論を聞いていて何かと問題含みだなぁと感じています。ちなみに、あのときは「人が法をイかす(性的な意味で)」というような読みも考えていました。

ちょっと話ははずれますが、『現代語訳 般若心経』(玄侑 宗久, ちくま新書, 2006年)を読みました。法は自分でイかすんじゃなく誰かをイかせようとして自分もたのしむような感じがいいのかなとか思いました。(注: 今は精神分裂病の症状はないですよ!)

ところで、「般若波羅蜜多」をゲームでいうところの「知識のパラメータ」とかって解釈するのかと思っていましたが、それは儒学における「仁」を「日本じゃあ二番目(by ズバット) な人」と解釈するぐらい勘違いなことなんでしょうね。



以前書いた記事で関連があると自分が思えるもの

参考

Wikipedia:社会契約》。今読むとこれは違和感を覚えます。
更新: 01/10/??,2006-10-24,2006-10-25
初公開: 2006年10月25日 00:01:21
最新版: 2006年11月07日 19:05:38

2006-10-25 00:01:17 (JST) in 箴言・辛言・戯れ言, 精神分裂病 | | コメント (3) | トラックバック (1)

箴言・辛言・戯れ言」カテゴリ内の最近の記事

2007-05-03 偶像と力

精神分裂病」カテゴリ内の最近の記事

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/12418768

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。
» JRF の私見:雑記:法を体現させる (この記事)

» 「自由と平等」のレトリック from JRF の私見:税・経済・法

入札や輸入の条件を緩和し自由にすることで、これまで除外されていた者が機会を得て参入が可能となり、より平等に近づくことがある。 教育の機会を平等にすることで、はじめて、貧しさから脱却する自由を得られる場合がある。 「自由」と「平等」は対立する概念ではない。 ... 続きを読む

受信: 2006-11-07 19:22:22 (JST)

コメント

更新:「以前書いた記事で関連があると自分が思えるもの」を足した。

投稿: JRF | 2006-10-25 17:30:09 (JST)

更新:参考に《Wikipedia:社会契約》を足した。

投稿: JRF | 2006-11-07 19:17:48 (JST)

題を「日本國携帯用憲法」(素案)とでもしようとか迷いに迷っています。

投稿: JRF | 2007-02-21 15:13:55 (JST)

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 鶴は千年、亀は萬年。

今日のネットの話題: アジアがすごいぜ。英語やろうぜ。