« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »

2006年4月 1日 (土)

ISP による Winny 規制が良くない理由

まずはじめに、私は ISP による規制はかまわないと思っている。すでに日本は、開発者の逮補という大きな一歩を踏み出しており、他の世界と歩みを異にしてもコンピュータの技術よりも行政の法解釈技術で P2P を規制をする方向に進んでいる。

私は技術の発展において多様性があることが何よりも重要だと考える人間である。たとえ世界が「ネットの中立性」を最大限確保しようとしていても私は日本の自己犠牲的な独持路線を支持する。

ただ、今回はそれはそれとしてなぜ ISP による規制を問題とすべきかを考えてみた。

続きを読む "ISP による Winny 規制が良くない理由"

2006-04-01 19:57:44 (JST) in 情報工学・コンピュータ科学, 時事 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月31日 (金)

ココログバージョンアップにあわせたわけじゃないけど

3月下旬にテンプレート等をいろいろいじりました。

印刷プレビューに対応した。

トラックバックやサイドバーのタイトルに tooltip で概要を表示するようにした。

「ココログからのお知らせ」をダーティな方法だけど表示するようにした。 (まともな方法でできるよう要望中。)

はてなブックマーク関連のリンクや RDF を足した。

コメントやトラックバックがついていないとき、リンクの色を目立たなくした。

テンプレートモジュールを積極的に使うようにした。


技術的な内容については《ソフトウェア Tips》へどうぞ。そこにない分についてはソース等を見ていただければわかると思います。(でも、見られるとかなり恥ずかしいんですけど。)
更新: 2006-03-31
初公開: 2006年03月31日 03:52:58
最新版: 2006年03月31日 03:52:58

2006-03-31 03:55:01 (JST) in ウェブログ・ココログ関連, 近況 | | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年3月30日 (木)

組織内和解のための単純化

組織をまとめる原理は単純でなければならない。

バカがわかるようにするためではなく、
構成員がそれぞれの解釈でその原理を捉えることで、
組織の中で和解が生じるように。

もちろん「バカがわかるようにするため」と考える者がいてもいい。
そのような解釈が自尊心と実利の和解を生むこともあるから。

それにしても、

昔なら腕を隠して街を歩けば
腕を切られたことにできただろうに。

昔なら名前を変えて街を移れば
一族が消えてなくなったことにできただろうに。

世界の人口が七十七人だったら、
一人殺されればお前も含めて皆殺しだっただろうに。

ずいぶん憎しみと和解しにくい世界になったなぁ。
更新: 2006-03-30
初公開: 2006年03月30日 20:17:53
最新版: 2006年03月30日 20:19:10

2006-03-30 20:19:58 (JST) in 箴言・辛言・戯れ言 | | コメント (0) | トラックバック (0)

『他人を見下す若者たち』の読者

「他人を見下す若者たち」と決めつけることで
自分が見下されても相手のせいにできます。

でも、ほとんどの大人はそういうことだとわかっています。

『他人を見下す若者たち』の読者は、
意図的に釣られた反抗期を忘れたくないコドモと、
わかっていても精神の安定を得たい疲れた大人。

ちょっと奇妙な和合のセカイ。


参考
他人を見下す若者たち』(速水 敏彦, 講談社現代新書, 2006年)
更新: 2006-03-30
初公開: 2006年03月30日 11:25:08
最新版: 2006年03月30日 11:58:02

2006-03-30 11:26:44 (JST) in 箴言・辛言・戯れ言 | | コメント (0) | トラックバック (0)

YUJIN SR セガギャルズコレクション うらら シークレット Ver.

うらら 1 うらら 2


ユージンSR セガギャルズコレクションの『スペースチャンネル5』のうららのシークレットカラーです。《スペースチャンネル5 パート2》の色になります。シークレットということで逆に売れ残っていたのか、これのみ入手できました。色的にはオレンジよりこちらのほうが好きですね。高さは 10cm ぐらいです。

私はパート1しか持っていないのですが、ノリがバカゲーなところがステキです。ゲームシステムとしては普通なのが残念でしたが、「操作方法」の説明画面のインパクトからすると、あえて複雑にしなかったのかもしれません。

今は 3D でアニメ調を作ると言えばトゥーンレンダリングを思い浮かべるでしょう。でも、この『スペースチャンネル5』のポリゴンぽさを活かしてアニメ調にする造形は、今のテクスチャベタ張りのキャラより魅力的だと私は感じます。私がラブ and ベリーに興味を持っているのは、そういった造形の発展形があるように読み取っているからです。

背景は Winamp の MilkDrop プラグインを WinShot したもので、GIMP で色調を変化させています。
更新: 2006-03-30
初公開: 2006年03月30日 02:07:43
最新版: 2006年03月30日 02:07:43

2006-03-30 02:07:56 (JST) in ゲーム, フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (0)

今の日本を代表する文化は「萌え」よりも「Yaoi」なんですか?そうですか − 私の「萌え論」

偏りがある米 Amazon とは言え、《Amazon.com:Comics & Graphic Novels:Top Sellers》を見ると翻訳された腐女子マンガが多くてフツーに引くよな。

最近では、少年マンガはネギま!NARUTO鋼の錬金術師ぐらいで、青年系はベルセルクとかがたまにランクに出てくるぐらいだもん。しかもネギま!以外は、なんつーか、匂うハナあらば匂うがいいという、腐臭がするしね。

アメコミが切り拓けなかった女性向けマンガ市場を開拓したと言えばカッコイイけど、一般人から見れば低モラルの成人向マンガですから。


「Yaoi」系の話も、下の参考にあるように本やニュースが出て、確実に表に出ようというか、引っ張り出されようとしている。

最近では腐女子の用語法として特定のカップルについて「萌え」という言葉を使うようだが、謂ゆる萌えヲタのキャラ萌えとは異質なモノを私は感じる。

「萌え」と「Yaoi」は別物だと思う。「ますらをぶり」と「もののあはれ」が別物であるように……

続きを読む "今の日本を代表する文化は「萌え」よりも「Yaoi」なんですか?そうですか − 私の「萌え論」"

2006-03-30 01:11:05 (JST) in アニメ・コミック, 日本語論, 時事 | | コメント (0) | トラックバック (0)