« 2006年10月15日 - 2006年10月21日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »

2006年10月28日 (土)

S.I.C. 匠魂 SPECIAL パーフェクトキカイダー&ビジンダー ver.2

パーフェクトキカイダー

S.I.C. 匠魂 SPECIAL のパーフェクトキカイダーとビジンダーです。《Vol.4 のキカイダー&ビジンダー》とかなり似ています。SPECIAL はそういう企画なのでしょう。写真では見えませんがビジンダーが《Vol.6 のワルダー》のときの復讐なのかワルダーを踏んづけています。

はじめは Vol.4 のキカイダーでこの構図をやりたいと思っていたところ、 SPECIAL の発売を知り、このビジンダーとパーフェクトキカイダーのほうがこの構図にはシックリくるような気がして、この二体を購入しました。

背景は Winamp の MilkDrop プラグインを WinShot したものの上にGIMPで両者の写真をカット&ペーストしたものです。
初公開: 2006年10月28日 09:48:19
最新版: 2006年11月09日 08:11:50

2006-10-28 09:48:13 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (1) | トラックバック (6)

2006年10月25日 (水)

法を体現させる

日本はほうち国家であり、法は守るべきです。しかし、法をつくった者と人との間にはスキ間があり、そこで争いはおこるものです。人のふりみて我がふりなおせといいます。忘れてはならないほうは、法でも人でもなく、「法が人を生かせる野ではなく、人が法をいかすのである」ということだと私は信じています。

解題


2001年の精神分裂病のまさに罹りはじめのときに書いたものの一部です。ひらがなが多いのは様々な読み(というか漢字による解釈やカギカッコ付きの解釈)を許すためにしています。

最近「人が法を活かす」ということについて考えます。周辺事態法を今適用すべきかという議論を聞いていて何かと問題含みだなぁと感じています。ちなみに、あのときは「人が法をイかす(性的な意味で)」というような読みも考えていました。

ちょっと話ははずれますが、『現代語訳 般若心経』(玄侑 宗久, ちくま新書, 2006年)を読みました。法は自分でイかすんじゃなく誰かをイかせようとして自分もたのしむような感じがいいのかなとか思いました。(注: 今は精神分裂病の症状はないですよ!)

ところで、「般若波羅蜜多」をゲームでいうところの「知識のパラメータ」とかって解釈するのかと思っていましたが、それは儒学における「仁」を「日本じゃあ二番目(by ズバット) な人」と解釈するぐらい勘違いなことなんでしょうね。



以前書いた記事で関連があると自分が思えるもの

参考

Wikipedia:社会契約》。今読むとこれは違和感を覚えます。
更新: 01/10/??,2006-10-24,2006-10-25
初公開: 2006年10月25日 00:01:21
最新版: 2006年11月07日 19:05:38

2006-10-25 00:01:17 (JST) in 箴言・辛言・戯れ言, 精神分裂病 | | コメント (3) | トラックバック (1)