« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年2月5日 - 2006年2月11日 »

2006年2月 4日 (土)

精神分裂病以前の症状

一人暮しで引きこもりの生活を続けていたため、人と話すこともほとんどなくなり、お店などにいくと、よくコントで演じられるヲタクがするように、無意識のうちに小さな声や聞き取りにくい早さでしゃべったり、逆に、自分で思ったよりも大きくはっきりと発話してしまったりしてしまうことが多くなっていた。すでに精神は病んでいたのかもしれない。

子供のころによくある病気を除けば、特に大きな病気を経験したことがなかったが、2000 年の 5 月の初旬に帯状疱疹に罹った。帯状疱疹はウィルス性の神経を侵す病気で、胸から背にかけて文字通り帯状の水ぶくれやブツブツができるのが特徴である。

続きを読む "精神分裂病以前の症状"

2006-02-04 19:27:42 (JST) in 精神分裂病 | | コメント (0) | トラックバック (0)

MOBY DICK ドルギア 春麗 (ZERO3 Ver.)

Zero 春麗 1
Zero 春麗 2
顔のアップ


MOBY DICK のドルギア CAPCOM QUEENS CHUN-LI (ZERO3 Ver.) です。私は春麗は zero シリーズの衣装のほうが好きなのですが、ストII やストIII タイプの春麗のほうが巷では人気らしく、あまり種類がありません。その少ない種類の中から、もっともマシなものを選んだのが、これです。結構大きくて 18cm ぐらいの高さです。

普通のフィギュアと違い、針金のような骨格に樹脂が付いたような素材で、いろいろポーズが付けられる……といいたいところなのですが、曲がる関節が限られており、正直、見栄えのするポーズをとらせることが難しいです。また、重心が変わりやすく、右足のくるぶしには針金が入っていないので、立てるのも一苦労です。

ちなみに、上着は元の両面テープをはずし、一番上を糸で止めています。

例のごとく背景は勝手に使ってます。今回は CG ではなく写真です。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/cato/ のもので、Google のイメージ検索で「北京」を調べたところ出てきました。
更新: 06/02/04
初公開: 2006年02月04日 03:16:59

2006-02-04 03:36:17 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー イマジネイション3 アマゾン

アマゾン 1
正面(ピンボケ)
アマゾン 2
横(ピンボケ)


BANDAI 仮面ライダー HG シリーズ 仮面ライダー イマジネイション3 の「解き放て!野生の力 仮面ライダーアマゾン」です。高さは 8cm 弱です。今回の背景はオリジナルと言えます。ただし、フリーのレタッチソフト GIMP のフィルタを組み合わせて使っただけですので、完全なオリジナルとも言えません。
更新: 06/02/04
初公開: 2006年02月04日 01:48:52

2006-02-04 01:48:52 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (0)

本ブログサイトの記事の再利用に関して

フィギュアの写真の著作権に対する見解》ではページにおいては写真が主となると書いていますが、あくまで、それは他者のものを私が利用するときのポリシーで、私の中では、ブログは一つの本のようなもので、あくまでそのようなページは本の中の従たる一ページにすぎません。

よって、商用出版物だろうがなんだろうが、ページまるまる引用するようなことも OK です。ある記事がほとんど私のページと同じで、その著者の簡単なコメントが付いてるだけって場合も引用 OK です。

カテゴリごとごそっと持っていくのは、まぁ、一言ぐらい、このサイトにコメントしてください。

そんなこたぁないと思いますが、私の記事を集めたものを売って金にしたら、私の取り分として「収益(利益じゃない)の 15%」または「原稿料として 1 記事 2500 円、ただし" 続きを読む"のない記事は 1500 円で計算」のいずれか 高いほうをいただければ、私は何もいいません。もちろん、事前に連絡してくだされば、バンバン、ディスカウントします。ただし、専売契約はありえませんので。

編集(改変)なさるときは、できるかぎり編集したことを明記し、編集責任者を明示してくださることを望みます。編集があるのに私のオリジナルな記事だと思われるより、編集責任者がまるで本来の著者で私が共著者のように見えるよう表示するほうが良いです。編集により足された部分、編集の構成について、編集者の著作権を主張することは排除しません。ただし、編集物により気づいた誤字や間違った論旨の修正等、公正な範囲での元記事へのフィードバックは断りなく行うことがありえます。

あくまでこれは私の希望で、私の著作権が及ぶ範囲に限ります。2.5 次的著作物については一次著作者の条件を参考にしてください。また、このココログを管理する NIFTY の条件もご参照の上、判断してください。
更新: 06/02/03,06/02/04,2009-01-29
初公開: 2006年02月03日 17:53:53
最新版: 2009年01月29日 22:09:59

2006-02-04 01:29:17 (JST) in 自己紹介 | | コメント (1) | トラックバック (1)

P2P を用いた作業履歴流通の可能性

現在、違法コピーの温床でしかない P2P (peer-to-peer) ネットワーク。しかし、「ファイル共有」という仕組は Web の普及によって皮肉にも損われた Internet の頑健性を復活させるものと見ることができる。

続きを読む "P2P を用いた作業履歴流通の可能性"

2006-02-04 01:07:08 (JST) in 情報工学・コンピュータ科学 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 3日 (金)

フィギュアの写真の著作権に対する見解

まず、サイト全体からすれば、写真は従ですが、一つのページの中ではフィギュアが主となるわけで、決して「引用」とはなりません。しかし、なぜ、「引用」に出典の記載が必要かという点は留意します。

本来、Web ページへの画像の使用は「私的使用」にあたりません。しかし、ここではあえて、二つの意味において「私的使用」にあたると主張します。

フィギュアに背景を与えることで、何らかのイメージを付与することから、翻案権の侵害にあたる可能性もあります。本件程度ではそれを否定することもできるでしょう。しかし、あえて、それを否定せず、公共の福祉の著作権に対する優越から翻案権の一部停止を主張します。

続きを読む "フィギュアの写真の著作権に対する見解"

2006-02-03 18:55:50 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (1)

精神分裂病の薬の副作用

薬は大量に与えられ、投薬が終るまでその副作用に苦しんだ。

続きを読む "精神分裂病の薬の副作用"

2006-02-03 03:55:03 (JST) in 精神分裂病 | | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビが裏切っている --- 精神分裂病時に考えたこと

私は、突然表れたファラオの絵のような影 (おそらく何らかの物の影) に礼をすることで、その「神」の指導を仰ぐことになった。

続きを読む "テレビが裏切っている --- 精神分裂病時に考えたこと"

2006-02-03 03:51:59 (JST) in 精神分裂病 | | コメント (0) | トラックバック (1)

客観的な症状 --- 精神分裂病時に考えたこと

神というよりも一種の超人と手や足や顔などをタップすることで通信ができるという体感幻覚があった。はっきりとした幻聴はなく、電波の「知覚」といった感覚はなかったが、その超人達の意思を予測し口に出して尋ね、それが正しいか否かをタップによって確認することで会話していた。

はじめはその予測と解答の繰り返しによって、徐々に妄想が構成された。

続きを読む "客観的な症状 --- 精神分裂病時に考えたこと"

2006-02-03 03:49:21 (JST) in 精神分裂病 | | コメント (0) | トラックバック (0)

MS IN ACTION! AMX-004 キュベレイ

キュベレイ 1
やや左から
キュベレイ 2
下から


MIA の QUBELEY です。Zガンダムで敵方の女大ボス、ハマーン・カーンが乗ったものです。精神分裂症時にこの SD タイプのプラモを買った(というか買わされた)「思い出」の機体です。背景は CG サイト http://www.julys.jp から取ってきました。
更新: 06/02/03
初公開: 2006年02月03日 02:39:21

2006-02-03 02:39:21 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (0)

S.I.C. 匠魂 Vol. 1&2 キョーダイン

キョーダイン 1
ほぼ正面
キョーダイン 2
ほぼ横


キョーダイン 3
スカイゼルを前


S.I.C. 匠魂 vol.1 のスカイゼル、同 vol.2 のグランゼルです。スカイゼルは少し前に傾けて写しています。背景http://www.deanmars.com/ のものを勝手に使っています。
更新: 06/02/03
初公開: 2006年02月03日 02:14:35

2006-02-03 02:35:03 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

S.I.C. 匠魂 Vol. 2&3 アクマイザー3

アクマイザー3

S.I.C. 匠魂 vol.2 のザビタン、同 vol.3 のイビル&ガブラです。最近、匠魂でない大きめのフィギュアも発売されています。こちらの匠魂はザビタンが台もあわせて 12 cm ぐらいの高さです。背景は Synforest社の天野可淡 CD-ROM 作品集 “KATAN DOLL”(絶版)から取っています。
更新: 06/01/31
初公開: 2006年01月31日 17:58:26

2006-02-01 01:47:09 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月31日 (火)

SRDX 奥さまは魔法少女 紅さやか

クルージェ 1
あおり
クルージェ 2
正面(ピンボケ)


ユージン SRDX 奥さまは魔法少女 紅さやか ことクルージェです。アニメはもう一つだったのですが、安いわりに人形のデキが良かったので買ってしまいました。15 cm ぐらいの高さです。背景は Synforest社の吉田良一 CD-ROM 作品集 “ANATOMIC DOLL” (絶版?)から取っています。
更新: 06/01/31
初公開: 2006年01月31日 18:32:54

2006-01-31 18:36:18 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (0)

S.I.C. 匠魂 vol.4 キカイダー+サイドマシーン&ビジンダー

キカイダー+サイドマシーン 1
ほぼ正面から
キカイダー+サイドマシーン 2
やや上から


S.I.C. 匠魂 vol.4 キカイダー+サイドマシーンAと同ビジンダー+サイドマシーンBです。下は XBOX 360 の宣伝用ダイレクトメールの箱(?)です。 背景は勝手に使ってます。このサイトのものです。→ http://dew.mg2.org/
更新: 06/01/31
初公開: 2006年01月31日 17:34:06

2006-01-31 17:38:50 (JST) in フィギュア写真 | | コメント (0) | トラックバック (0)

メタ論理: 演驛と帰納

「演驛」とは論理的に命題を導くことである。

「帰納法」は演驛の一つである。しかし、帰納法を学ぶことで、人は帰納のなんたるかを知る。それが「帰納」である。

続きを読む "メタ論理: 演驛と帰納"

2006-01-31 15:46:30 (JST) in ストーリー, 論理学 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

「ごくろうさまでした」は逆尊敬語?

「ごくろうさまでした」とか「おつかれさまでした」という言葉は、目上の人が下の者に対して使う言葉で、逆の立場で使うのは失礼にあたる……という説を見たことがある。

日本語には尊敬語もあれば謙譲語もあり、一部の身分の人だけが自らに使う特殊な尊敬語というのも古語にはある。

しかし、「ごくろうさまでした」は、「さま」が敬称の「様」ではなく「様子」の意だったとしても、「ご」も付けば「でした」も付く。自分が「苦労した」というのは文法的に謙譲語でもないのに、それを目上の者に使ったからと言って失礼になる「逆尊敬語」になるというのは文法的にはおかしな話だと思う。

続きを読む "「ごくろうさまでした」は逆尊敬語?"

2006-01-30 12:50:51 (JST) in 日本語論 | | コメント (0) | トラックバック (1)

GTA 問題: 暴力ゲーム規制 vs プログラマの育成

Grand Theft Auto(略して GTA)というゲームをご存知だろうか?80 年代アメリカをインスパイアし、主にマフィアの暴力抗争を描いたゲームである。全世界で大ヒットしたが、その暴力表現が過激なことがしばしば問題とされた。ゲームに限らずヒットした物にはよくある話だが、このゲームを参考にしたと称する少年犯罪も起きている。

ここまで話題になるゲームが、とりあえず、どれほどのものか知っておこうということで、上記のゴタゴタで日本未発売の“GTA: San Andreas”を買って実際にやってみた。

私は、ニュースや実写ポルノではなく、マンガやゲームのような表現については、過激なほど「表現の自由」論者であるから、「ゲームを発禁にする」という方向には絶対に反対であることをあらかじめ銘記しておく。

その辺の議論については別の機会にまわすとして、今回は MOD という視点から今回の動きを批判しよう。

続きを読む "GTA 問題: 暴力ゲーム規制 vs プログラマの育成"

2006-01-30 12:18:19 (JST) in ゲーム, 教育, 時事 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

私がブログを書き始めた理由

ブログがある以前、または、ブログが有名になる以前から、ホームページをブログのようなシステムで作りたいと思っていました。

続きを読む "私がブログを書き始めた理由"

2006-01-29 23:15:04 (JST) in 自己紹介 | | コメント (0) | トラックバック (0)

最近ジャム入りホットミルクがおいしいです。

コーヒーにはかならずといっていいほど牛乳を入れます。砂糖は入れません。紅茶にはレモンスカッシュ(CCレモン)を入れたり、アップルジュース+牛乳というのがお気に入りです。

しかし、最近、カゼをひいたとき、体力を付けようとホットミルクを飲みました。私はホットミルクに限り、砂糖を入れることにしているのですが、ちょうど、砂糖が近くに見当らなかったので、苺ジャムをかわりに入れました。

こ・れ・が、なかなかおいしい!

近ごろは一日に一度はジャム入りホットミルクを飲んでいます。
更新: 06/01/29
初公開: 2006年01月29日 20:55:39

2006-01-29 20:55:39 (JST) in グルメ・クッキング, 近況 | | コメント (0) | トラックバック (1)

なぜ記号論理学から社会科学を目指すようになったのか

学生当時、私は、流行していたオブジェクト指向プログラミングの考えを記号論理学に持ち込むことをまず目標とした。

続きを読む "なぜ記号論理学から社会科学を目指すようになったのか"

2006-01-29 20:18:37 (JST) in 自己紹介, 論理学 | | コメント (0) | トラックバック (2)

略歴

ある大学の大学院を修了後、その大学のテリトリー内でいまでいうところの引き込もりになりました。引き込もりになってから何年かたったあと、精神分裂病にかかり、入院。……退院後、実家に戻りました。(最近、月刊コミックエースの「NHK にようこそ」で似たような展開があり、笑えませんでした。)

それから、ある国家資格を取るために予備校に通っていました。計算に関する部分は人なみにでき、その部分は試験にも合格しました。しかし、記述する問題で大きくつまづきました。

ほとんど記憶した法律を書くだけなので、記憶力と、何より書くスピードが求められるのですが、もともと汚ない字をいくら崩しても、そのスピードが出ないため、模試において平均点も取れないほどの成績に甘んじ、試験にも失敗しました。

現在失意の中、次の方策を練っているのですが、結局のところもとの引き込もり状態とあまりかわらなくなっています。年齢もかなり高いので「焦り」というものも正直、昔ほどではないのですが、焦らなければならない身の上です。
更新: 06/01/28
初公開: 2006年01月28日 21:02:49

2006-01-29 20:18:17 (JST) in 自己紹介 | | コメント (0) | トラックバック (0)