« 前期の翌日(2008-10-01)から昨日(2008-12-31)まで 92 日間のアクセス解析など | トップページ | 前期の翌日(2009-01-01)から昨日(2009-03-31)まで 90 日間のアクセス解析など »

2009年2月19日 (木)

「八方」の玄義

「四方八方」という言葉がある。「四方」が東西南北の方位だとして、八方はそれらの間の方位、南東・南西・北東・北西の「四隅」を四方に足したものだというのが一般的な解釈だろう。

しかし、私はそれは「八方」のニセモノの意義ではないかといぶかっている。
地図を描いている紙(など)が円や正方形でないかぎり、四隅[よすみ]は方位としてほとんど意味をなさない。長方形の縦横の比率が変われば四「隅」の位置は変わる。四方の間を表したいというなら、正確な図示の面倒な三方を表現できるので十二方のほうが実用的である。「四方+四隅」はわざわざ独立した概念とするほどの重みはないように感じる。

実は、「八方」の原義は、陰陽の四方を別のものとしてみ、あわせて八方としたのではないか。

昔は方位磁石はなく、天体により方位を見た。昼と夜で方位のはかり方に違いはあり、また方位に求められるものも昼と夜で違っただろう。昼ある方位からくる者と夜その方位から来る者は、違っただろう。

昼の四方は、主に太陽に依るわけだが、これは夜の天体により知れるほどはっきりできるものではない。基本は人の働きで時を知り、のちに方位を知るということになるのだろう。つまり、陽の四方はたまたまあう人の「動き」により知るわけだ。

ならば、四隅にも違った意味があるのではと私は想いいたる。というのは四隅[よすみ]も、四遇または四偶、四つのたまたまあうこと、が元ではないか。さらに想像力をたくましくすれば、「隅」という字自体、すみという意味より人がたまたま出会う街「角」という意味があったのではないだろうか。

ちなみに八方美人という言葉がある。これは単なる全方位に向けた顔というだけでなく、昼と夜の態度の違いまで含んでいるとすれば意義深いではないか。


そして「八方」にはさらに玄義があり、それが四方+天地+今昔ではないか。四方を拡張して六方と気付くのは簡単だが、時間軸というものまで想像するにいたるには超えるべきものが大きい。今の人は四次元の考え方などあたりまえだが、昔はこれはかなり難しい考え方だったのではないか。

ところで、その玄義の「八方」にも陰陽があると念じてみるとそれは何次元になるのだろう?

人の「動き」により方位を知ると書いた。そういえば、動きによって時間を見てるように見える物理学がある。御存知あろう、八方の玄義はさらに相対性理論にまでつながるのである!いや、待てよ?全体がそもそもあって、自らの動きが時間に影響するというやつはないか……。

空想は尽きない。(^^)


あと、蛇足だが、八という数字には、八天という意味もあるかもしれない。肉眼で見える水金火木土+日月で七天、あと他の星で八天。しかし、彗星や流星もあり。八天というのは確定的数字ではない。ただ、今や惑星の数に関しては憲案だった冥王星が除かれたために八天になっているのは確定的だが…。

惑星の五天は、《Wikipedia:陰陽五行説》に通ずる。陰陽五行説の五に方位を割り当てるときは、四方に中央を足す。このムリに四を五に割り充てるあたり、四方の先を考えることの玄義性が示されているとも考えれないか…。

別方向でもますます空想は尽きない。(^^)


なお、この記事は《日本語論のカテゴリ》にも分類したが、これまでのもの以上に自己流で文献等を調べていない思い付きエントリである。私は真相に近いと信じるが、読者の皆様が典拠とするには不適当であることは認めざるを得ない。ご注意あれ。


参考

アバウトミーひとこと欄》 2007年12月29日、30日。
更新: ,2007-12-29,2007-12-30,2009-01-23,2009-02-19
初公開: 2009年02月19日 14:25:55
最新版: 2009年02月19日 14:25:55

2009-02-19 14:25:48 (JST) in 日本語論, 歴史 | | コメント (1) | トラックバック (2)

日本語論」カテゴリ内の最近の記事

歴史」カテゴリ内の最近の記事

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/44110710

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。
» JRF の私見:雑記:「八方」の玄義 (この記事)

» グーグル 地図 from グーグル 地図

グーグルの地図のよさを知ってください。 グーグルの地図は使いやすいですよ。 続きを読む

受信: 2009-02-19 15:01:36 (JST)

『六方礼経』そのものではなく、それをもとに書かれた道徳書『ブッダが語る人間関係の智恵 − 「六方礼経」を手がかりに』(田上太秀)の主に第一章「友人とのつきあい」を読んで、友のない私が、友というよりも知り合いの道を語り解こうと思う。 ブッダは慈悲の心を具現する方法として「四摂法[ししょうぼう] (四つの愛護)を説きました。四つとは、「与えること」(布施)、「やさしく語ること」(愛語)、「ためになるこ... 続きを読む

受信: 2009-02-20 15:03:01 (JST)

コメント

http://img141.imageshack.us/img141/396/promoe.jpg
Seems like centuries gone since Viagra came into our lives. Now we seem to live with the notion that it has always been there. Like computers, Internet and automatic laundry. We all are hopeful to live happy lives with our partners and never have sexual problems in bed, before bed and out of bed. Instead? Getting established in the career needs a lot of effort. Fighting with bosses leads to stress. Stress leads to Erectile Dysfunction (ED).

That was one of those typical scenarios of the typical progress of ED. Today a lot of men suffer from the disease and need real help, both medical and psychological. The most captivating here that ED population is getting younger. Have you seen above-60 men with the prankish smiles in Viagra ads, saying how happy they were after that a couple of years ago? Do you see them now? Now those are men that are round-about 40 and they are still happy, because they bought Viagra at the drugstore to resolve their sexual life issues. Magic blue pills returned me the wings of happiness. Do you really believe that they have real sexual problems? I don’t think so.

We live in the world that keeps spinning extremely fast around us. We need to get prepared to surprises while having invaluable moments with the people we love. We have to be protected from any kind of failure in our personal lives. We lack for self-confidence. So, Viagra helps when it comes to such problems.

Blue pills are not that ‘blue’, the whole thing about ads campaign is all about the happiness and new wind in sexual life. I’ve seen quite young people aged 18-25 without any ED problems that claimed Viagra gave them new sensations while making love. They take Viagra for several reasons. Some of them are too shy to play the role of a perfect lover. Others like to follow the stereotypes imposed by popular culture and Hollywood. And some do it ‘just for fun’. But ‘fun’ isn’t that funny sometimes regarding Viagra’s side effects. Gay partners also use Viagra very often, a New York Times survey showed. They do not tell their partners about it and suffer side effects together, the survey says.
Viagra performs perfect when it comes to ED, also known as impotence. But recent surveys’ results are not that optimistic. Taking Viagra can lead to headaches, dyspepsia, facial flushing, nasal congestion, upset stomach and even dramatic visual changes. I’m not trying to say here that Viagra is more harmful rather than helpful.

I’m not trying to cover the long and boring topic of Viagra’s pros and contras either. What I’m trying to do is to make you think before taking any drug. Viagra is a very good thing, but only for those who really need it. Smile more, make love, be yourself! And when you need it – take it.

ref.
VIAGRA®, an oral therapy for erectile dysfunction, is the citrate salt of sildenafil, a selective inhibitor of cyclic guanosine monophosphate (cGMP)-specific phosphodiesterase type 5 (PDE5).

Sildenafil citrate is designated chemically as 1-<>3-(6,7-dihydro-1-methyl-7-oxo-3-propyl-1H- pyrazolo<>,3-d]pyrimidin-5-yl)-4-ethoxyphenyl]sulfonyl]-4-methylpiperazine citrate and has the following structural formula:
http://img15.imageshack.us/img15/460/viagra1.gif
Sildenafil citrate is a white to off-white crystalline powder with a solubility of 3.5 mg/mL in water and a molecular weight of 666.7. VIAGRA (sildenafil citrate) is formulated as blue, film-coated rounded-diamond-shaped tablets equivalent to 25 mg, 50 mg and 100 mg of sildenafil for oral administration. In addition to the active ingredient, sildenafil citrate, each tablet contains the following inactive ingredients: microcrystalline cellulose, anhydrous dibasic calcium phosphate, croscarmellose sodium, magnesium stearate, hypromellose, titanium dioxide, lactose, triacetin, and FD & C Blue #2 aluminum lake.
http://www.magicbluepillsforyou.com

投稿: MagicBluePills | 2009-02-23 05:37:35 (JST)

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 七転び八起き。