« 前期の翌日(2011-01-01)から昨日(2011-03-31)まで 90 日間のアクセス解析・近況など | トップページ | 前期の翌日(2011-04-01)から昨日(2011-06-30)まで 91 日間のアクセス解析・近況など »

2011年4月 1日 (金)

今後の(主に勉学の)方針 (2011年度版)

今後の方針をさらっと述べます。今年度(以降)やりたいことと昨年度やったことを述べます。

やろう!

アバウトミー終了のため、「ひとこと」等を別のサイトに移す。できればココログと、ココログ・はてな外のサイトを連携させる形を取りたい。 (終了予定日の6月30日までに緊急に必ずやる。)

『創世記』の「ヨセフの夢」、『出エジプト記』の「金の牛」、「トロッコ問題」に関して書きかけの記事を一本ぐらいは仕上げたい。

定理証明器 Isabelle の現状を知るため、何か(簡単な半順序理論ぐらいか?)の証明をそれで組んでみる。

確率モデル・シミュレーションなどのトイプログラム集を練習的に書く。昨年度に書いたシミュレーション等をブラッシュアップする。

『ヨブ記』についてブログに記事を書く。《アバウトミーひとこと欄》で 2008年5月26日から6月5日あたりに書いたヨブと三人の友人達の弁論に関する考察を拡張して、一つ記事を書く。

『電子著作物の動産的所有権を構想する(仮題)』の記事を書き上げる。
やったこと


昨年度は、私にしては多くの記事を書いた年度になりました。特に12月以後に広義のシミュレーションに関する記事、すなわち、プログラムと論理学・経済学をからめた記事で記事数を稼いだ印象があります。

ただし、実は「やっていたこと」はゲームが大きな時間を占め、一方で、読書量はかなり少なくなりました。今年度の読書量を少なくとも昨年度よりは増やしたいです。ゲームの時間が増えたのは Xbox 360 を買ったためです。特に『ストリートファイター IV』、1月30日からは『スーパーストリートファイター IV』がお気に入りで、ネット対戦にも参加しています(負けてばかりですが)。『ソウルキャリバー IV』のキャラクタークリエイションにも一時期はまり、記事にしました。

昨年度にも「やろう!」と挙げていた『ヨブ記』も『電子著作物の動産的所有権』もほぼ進展しませんでした。後者はいろいろ考えているのですが、状勢の変化も早く、ちょっと手詰まり感があります。これらは正直なところ今年度もとりかかれるようには思えません。ただ、昨年度、あまりできるとは思ってなかったシミュレーションには手を出せたので、そういった感じで気が向けば不完全でも記事にできちゃうかもしれません。今年度の「やろう!」はそういった軽い気持ちでいきます。

コンピュータ囲碁は PC 用のソフトを買い、PC の電源を落とす前に一戦するという感じが続いています。精神的時間的余祐に応じて盤の大きさを選ぶのですが、たいてい九路盤であっさり終るのを好むようになってしまいました。十三路盤をたまにやる程度で、十九路盤ではほとんどしません。棋力は普通のレベルに対してたまに勝てる程度です。

あと上の Xbox 360 を筆頭に PC の液晶ディスプレイ、HDD レコーダー、液晶テレビ…と、いろいろ家電を買った(買ってもらった)年度になりました。大震災では、大阪府在住の私はもちろん、家族に被害はなかったのですが、今後の生活がどうなるか心配です。働きざかりの年齢なのに収入のない私には昨年度のような贅沢は難しくなるのでしょう。
更新: 2011-03-30
初公開: 2011年04月01日 00:53:58
最新版: 2011年04月01日 00:53:58

2011-04-01 00:53:51 (JST) in 今後の方針 | | コメント (0) | トラックバック (1)

今後の方針」カテゴリ内の最近の記事

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51267441

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。
» JRF の私見:雑記:今後の(主に勉学の)方針 (2011年度版) (この記事)

2011年6月30日終了予定のアバウトミー(aboutme.jp)から、「ひとこと」のデータをココログプロに移転するためのツールです。このドキュメントは、移行の手順を示すものです。 あくまで私個人用に作ったもので、あまり多くの人が使うことを想定していません。よってツール類も個人的嗜好と私の労力削減に重きを置いたものになっています。移行まで時間もなく人数が少ないことが想定されるのでそうしていますが、... 続きを読む

受信: 2011-05-06 00:25:41 (JST)

コメント

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 温故知新。