« 前期の翌日(2014-01-01)から昨日(2014-03-31)まで 90 日間のアクセス解析・近況など | トップページ | 前期の翌日(2014-04-01)から昨日(2014-06-30)まで 91 日間のアクセス解析・近況など »

2014年4月 1日 (火)

今後の(主に勉学の)方針 (2014年度版)

今後の方針をさらっと述べます。今年度(以降)やりたいことと昨年度やったことを述べます。

やろう!

ファミコン版「手旗信号」の完成度を上げる。

ブログ関連の開発。翻訳や印刷などのためのツールバーを作る。

確率モデル・シミュレーションなどのトイプログラム集を練習的に書く。これまでに書いたシミュレーション等をブラッシュアップする。特に三囚人問題がらみで大きな記事を書く。「トロッコ問題」に関して数理モデルを作る。

このブログサイトの EPWING 版電子書籍を作る。《勝手に PR》に記事を増やす。『電子著作物の動産的所有権を構想する(仮題)』の記事を書き上げる。

定理証明器 Isabelle の現状を知るため、何か(簡単な半順序理論ぐらいか?)の証明をそれで組んでみる。

『ヨブ記』についてブログに記事を書く。《アバウトミーひとこと欄》で 2008年5月26日から6月5日あたりに書いたヨブと三人の友人達の弁論に関する考察を拡張して、一つ記事を書く。『創世記』の「ヨセフの夢」、『出エジプト記』の「金の牛」といったところも記事にしたい。


…最初の二つ以外は、昨年度と変わってないです。情けないです。
やったこと


昨年度は、(頓服薬を除いて)精神薬の処方がなくなったためか、これまでやろうともしなかったことに挑戦する一年でした。太極拳や一人カラオケをはじめてみたり、夏にはダンスエクササイズを試してみたり。親の荷物持ちとして親戚を訪ねたりすることも何度かありました。ただ、夏が過ぎると少しそのあたりは抑えぎみになって、9月から1月にかけては、ガルモやモンハン4 といったゲームに、はまってました。

9月以降、ネットで拾ったものも含めデスクトップ壁紙の公開をはじめました。以前は、著作権などの懸念があってそこまでは踏み出せなかったのですが、このブログのシステムにいろいろ JavaScript 等で制限をかけながらあえて踏み切りました。このブログをはじめた 2006 年と違って HTML 5 のような高度な機能を使っても批判が少なくなり、また、私がここ数年いろいろ作って素人ながらも技術力が上がり、できるようになったことが増えたことも大きいです。

2月・3月はファミコン版「手旗信号」を作ってました。また、ブログがらみのシステムにも手を入れてます。ここらは、今現在、取りかかってて、「鋭意開発中」です。

稼ぐ必要はあるのですが、思い切ってはじめたアフィリエイトも確定見込みが数十円単位で、実質1円も稼げてません。電子書籍を売るための会社を作るのは赤字確実なので、むしろ後回しにしたいところです。ブログも8周年を過ぎ、もう、その辺りはほとんど諦めています。資源を浪費してばかりで、情けなく、親に社会に申し訳ないです。

昨年度もその前からも「やろう!」と挙げていた聖書関連記事や定理証明システム関連はほぼ何もできませんでした。確率関連は、最近、モンティホール問題に関する本も買ったので、それを気力で読み終えられればあるいは、何かできるかもしれませんが…。このあたりは、まぁ、気長にやります。
更新: 2014-03-31
初公開: 2014年04月01日 07:03:32
最新版: 2014年04月01日 07:06:29

2014-04-01 07:03:32 (JST) in 今後の方針 | | コメント (0) | トラックバック (0)

今後の方針」カテゴリ内の最近の記事

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/59390963

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。
» JRF の私見:雑記:今後の(主に勉学の)方針 (2014年度版) (この記事)

コメント

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 温故知新。