« 今後の(主に勉学の)方針 (2023年度版) | トップページ | 今後の(主に勉学の)方針 (2024年度版) »

2024年2月29日 (木)

略式易双六(りゃくしきようすこう)

これまでの「易双六(ようすこう)」(「元祖易双六」と呼ぶ)はどうも難し過ぎるのではないかと思い致り、そのルールをかなり簡単にした「略式易双六」を考案した。


概要


このゲームは、タロットカードを使ったソリティアの一種ということになるだろう。

タロットカードの大アルカナ 22 枚(-2枚)をシャッフルして6 枚を引き、それを並べて盤面とし、プレイヤーのトークンを置く。シャッフルした小アルカナ 56 枚(+大アルカナ一枚)を一枚づつ引いてそれ従ってトークンを移動させる。ゲーム終了時のトークンの位置で勝敗が決まるゲームである。

引いたスートとトークン位置により移動方向が決まり、大アルカナに割り当てられた数表があり、それとにらめっこしながら計算(足し算)して、移動の成否を決める。タロットカードと数表さえ手元にあればすぐにできるようになるだろう。タロットカードをこれ専用にするなら、数表を大アルカナに書き込んでも良いかもしれない。数表も、元祖易双六と比べ使う数値は大幅に少ないが、共通なので、元祖易双六の数表を書き込むのが吉である。

大アルカナで盤を作るまでは元祖易双六と同じである。小アルカナを引いて動かすときのルールが簡略化される。
プレイ

0.
準備するもの


この説明書(慣れれば数表だけで良い。)、
タロットカード(ライダー版準拠。逆位置あり。カードを重ねたとき番号が見やすいもの。)、
トークン(プレイヤーを表すゲームの駒、なんでもよい。)、
ソロバンなど (暗算できる方は必要ない。)、
カードをスプレッドするためのクロスをしいたテーブルなど。


タロットカードは別にライダー版準拠でなくてもよい。その場合、大アルカナの数値の割り当ては、そのカードのアルカナに近いものを選ぶなどするのがよい。例えば、ライダー版では (8) が力で (11) が正義だが、それが逆になっている場合は、カードの番号ではなくアルカナに関して数表から読む。上下対称で逆位置がない場合は、カードに印を付け正位置をわかるようにすればよい。カードの番号が読みにくければカードの端に番号を書けばよい。柔軟に。


1.
大アルカナで盤面を作る。


大アルカナと小アルカナを分け、それぞれを裏向きに山(talon)にしておく。

まず、大アルカナから (0)愚者 と (13)死神 を抜く。

次に、残り 20 枚の大アルカナをまぜ、6 枚を順に引き下のように並べる。

     []6     []4
         []5

         []2
  []3           []1


並べたあとタロットの歴史を記念し、(8)力 と (11)正義 の位置を入れ換える。どちらも山にあれば何もしなくて良いが、一方が山で、一方が場にあれば、山のものを正逆位置は変わらないよう場にとり出し、場のものを山に戻す。どちらも場にある場合は、変わる先の正逆位置に従って置き換える。

大アルカナの山はこの先使わない。

易に倣い、1,2,3,4,5,6 をそれぞれ初爻、二爻、三爻、四爻、五爻、上爻とも呼ぶ。また、1,2,3 をまとめて、下卦(または内卦)または下流と呼び、4,5,6 をまとめて上卦(または外卦)または上流と呼ぶ。


2.
トークンを自由に置く。


トークンを自分の好きなように爻に置く。どの爻を開始位置とするか易の解釈などから選んでも良いし、ランダムに置いても良い。

置いた爻が上卦(4,5,6)の場合 (0)愚者 を、置いた爻が下卦(1,2,3)の場合 (13)死神を、小アルカナの山にまぜ、シャッフルする。

残りの(13)死者か(0)愚者は、終了条件がわかりやすいように左に置く。

この後、小アルカナを一枚づつ引いてプレイしていくが、先にまぜた大アルカナのカードが出てきたときが、ゲーム終了となる。

ただし、ゲームが短いと感じるなら、ゲームの前にあらかじめ、回数(3回ぐらい?)を決めておき、大アルカナのカードが出てくるごとに捨て札をまぜてシャッフルし、その回数だけ繰り返したあと終了としてもよい。

ゲーム終了時に、最初置いた爻が上卦(終了する大アルカナが(0)愚者)のときは、トークンが 5, 6 にあれば勝ちとなる。最初置いた爻が下卦(終了する大アルカナが(13)死神)のときは、トークンが 2, 5 にあれば勝ちとなる。


3.
プレイの場


プレイ中、カードの配置は次のようにする。

        [[]]Sw
     []6     []4
         []5
[]X                [[]]D
         []2
  []3            []1
        [[]]Co
                     [[]]T


X は終了条件を表す (0)愚者 か (13)死神 のカード。
Sw は元祖で使う上卦全体に関して貯まるソードのカード群。略式では使わない。
Co は元祖で下卦全体に関して貯まるコインのカード群。略式では使わない。
D は捨て札のカード群。
T は小アルカナの山で、これは引きやすいように置けば良い。


また、上卦のそれぞれの爻にはコインのカード群が置かれ、下卦のそれぞれの爻にはカップのカード群が置かれることになる。

小アルカナの山以外のカード群はすべて表向き、捨て札以外のカード群は計算しやすいよう数値がわかるようにずらして重ね並べる。


4.
プレイの 1 ターン


爻を 1→2→3→4→5→6→1 と行くのを順方向、6→5→4→3→2→1→6 と行くのを逆方向と呼ぶ。

横方向(順方向か逆方向)に並び合う爻を比爻と呼び、縦に並び合う爻(1 と 4、 2 と 5、3 と 6)を応爻と呼ぶ。


小アルカナのカードを一枚引く。これが大アルカナであれば、終了なのは上記の通り。そうでなければカードのスートをまず見る。

大ざっぱに言うと、トークンが上卦(4,5,6)にあるとき、スートがカップなら左(順方向)に、ソードなら右(逆方向)に、ワンドなら下(応爻)に行き、コインならその位置に留まる。トークンが下卦(1,2,3)にあるとき、スートがコインなら左(順方向)に、ワンドなら右(逆方向)に、ソードなら上(応爻)に行き、カップならその位置に留まる。


さて、ここまでは元祖とまったく同じであった。ここからが略式である。

ソードとワンドのスートを M Suit、コインとカップのスートを F Suit と呼ぶことにする (M は Male, F は Female の頭文字)。引いたスートが F Suit である場合は問答無用で必要な行動をとる。M Suit の場合は、後述の共通の判定式で判定して動くかどうかが決まる。

大アルカナの数表(×2)について、使う数値は、正位置の場合ソードの攻とコインの苦(それぞれ左の数値)を使い、それぞれを M Major と F Major と呼ぶ。逆位置の場合、ソードの守とコインの喜(それぞれ右の数値)を使い、それぞれを M Major と F Major と呼ぶ。(ちなみに The JRF Tarot の場合はそれぞれ 2 倍した数値を使う。面倒くさければすべて正位置にしてもかまわない。)

大アルカナの爻のところに、カップかコインのカードが普通はたまっているはずで、その最大値を、F Minor と呼ぶ。もし、カードがたまっておらず 1 枚もなければ、F Minior はその大アルカナの F Major を表すとする。

引いたスートが M Suit の場合、それに基づき判定をしなければならない。引いたスートを M Minor とする。判定で可能な場合の行き先を To、引いた場所を From とすると、判定式は常に次のようになる。

M Minor From + F Minor From > M Major To + F Minor To

つまり M と F を足したものを From と To で 比較するのである。そして使える場合は Minor の最大の数値を使うということだ(まったく使えない場合のみ Major の数値を使う)。

この式が大なりの場合 From の勝ちで、F Minor From と M Minor は捨ててトークンは行き先に移動する。逆に、To が勝った場合、F Minor To と M Minor は捨ててトークンはその場に留まる。(つまり、勝った側の F Minor は捨てる。) なお、勝った側に F Minor が一枚もなく F Major で判定したときは、捨てようがないので捨てず、M Minor のみ捨てる。

ただし、元祖易双六から継いだ特別ルールとして、下卦でソードを引いて From が勝ったときは、留まる(勝っても移動しない)ことも選択でき、その場合は、 F Minor をどれも捨てないこととする。(M Minor は普通に捨てる。)

まとめれば次のようになる。

トークンが上卦(4,5,6)にあるとき

スートがカップ

引いたカップを下(応爻)のカード群に加え、左(順方向)に移動する。
スートがソード

判定式で右(逆方向)に行くかを判定する。
スートがワンド

判定式で下(応爻)に行くかを判定する。
スートがコイン

引いたコインをその爻のカード群に加える。トークンは動かない。



トークンが下卦(1,2,3)にあるとき

スートがコイン

引いたコインを下(応爻)のカード群に加え、左(順方向)に移動する。
スートがワンド

判定式で右(逆方向)に行くかを判定する。
スートがソード

判定式で上(応爻)に行くかを判定する。行ける場合は留まる(パスする) こともできる。
スートがカップ

引いたカップをその爻のカード群に加える。トークンは動かない。



(なお、判定式は > で書いたが、先に決めて常に使うなら >= を使ってもよい。そのほうが動きがダイナミックになる。)


キッカケ


ゲーム『Inscription』をやって、易双六ももっと簡単なルールにできないかと考えたのが直接のキッカケ。

ただ、BOOTH でいろいろ易双六グッズを作ったがまったく売れてないのも、間口を広げる必要性を私に痛感させていた。

グッズの大きな改変の必要なく、The JRF Tarot と大まかなルールを活かしたまま、略式にできないかと考えた。


今後の課題


略式をキッカケに、易双六を手でやってみる人が出てくるといいなぁ…。
更新: 2024-02-29,2024-03-01
初公開: 2024年02月29日 05:42:48
最新版: 2024年03月01日 05:40:16

2024-02-29 05:42:40 (JST) in ゲーム | | コメント (1)

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

コメント

更新: ドキュメントの更新。判定式は大なりイコールがデフォルトだったのを、大なりがデフォルトにするようにした。式の書き方も見直した。

ブラウザゲーム版を作った。

ブラウザゲームの更新情報は「元祖易双六」のほうで。

投稿: JRF | 2024-03-01 05:44:10 (JST)

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 七転び八起き。