トップページ | 『創世記』ひろい読み − 神の像・似像 »

2006年1月28日 (土)

聖書ひろい読みについて

私はキリスト教徒ではありませんが、よく言われるように旧約聖書は知識の宝庫ですし、キリスト教徒でない日本人からは軽視されることもある新約聖書も、当時の地中海圏の神学的問題について一つの結論を呈示したものとして、大変興味深いものです。
スコラ神学では、聖書には四つの読み方があるという話を読んだことがあります。実際にその四つにカテゴライズされることは少ないようですが、聖書の解釈がキリスト教内でも、さまざまで同時に存在を許されるものであることは確かなことのはずです。

本 blog では、ひょっとすると、キリスト教徒の方も知らないような解釈をしているかもしれません。しかし、たいてい、それはすでに誤りとして論駁されたか、異教的すぎて一般信徒に関しては知らないというだけに過ぎないでしょう。

私は、動機付けに興味があります。動機付けという観点からは、正しい解釈だけでなく、誤解によって導かれやすい解釈についても同様に意味があります。

そのため、少々問題があるような解釈や、ひとりよがりに見える解釈も扱っていくつもりです。


何もいわなければ聖書は「新共同訳」を参照しています。多くの場合、他の注解書や Web ページなどを参考にしています。いちいちそれを挙げていきたいのですが、残念ながら、blog としての公開が最近でも実際の記述はかなり前だったりするので、ソースがわからなくなっているものもあります。ただ、とりあえず『新約聖書略解』と『旧約聖書略解』は必ずといっていいほど参考にしているのでここで名前を出しておきます。

ちなみに「旧約聖書」はユダヤ教風に「タナハ」とでも呼ぶべきなのかもしれませんが、「旧くなった契約」ではなく「旧くからある契約」と解釈すれば、それほど悪い言葉とも言えないので、日本人にはなじみが深い「旧約聖書」という言葉を使います。
更新: 06/01/28
初公開: 2006年01月28日 23:25:18

2006-01-28 23:29:43 (JST) in はじめにお読みください, 新約聖書ひろい読み, 旧約聖書ひろい読み | | コメント (0) | トラックバック (1)

はじめにお読みください」カテゴリ内の最近の記事

新約聖書ひろい読み」カテゴリ内の最近の記事

旧約聖書ひろい読み」カテゴリ内の最近の記事

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/8387198

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。
» JRF の私見:宗教と動機付け:聖書ひろい読みについて (この記事)

私の上の世代、または、インターネット(WWW)以前の世代の人々の見解として、「神学論争」は実りのない議論の比喩であり、神学そのものが近代理性を知らないアヤしげな宗教的実践であるとみなされていたと思う。そのため、神学は、誠実でありながら、そういった常識にあえて反抗できる…というかなり人を選ぶ学問だと、例えば私は感じていた。 「近代理性」の発展は、「神」という概念を使わずに「社会」と「個人」の関りを説... 続きを読む

受信: 2010-11-16 20:29:07 (JST)

コメント

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 身から出た錆。