« 魂の座 | トップページ | タナトス(Thanatos) »

2006年2月 4日 (土)

錬金術

金は、希少であるが、化学的に安定し比重が重いため分離が容易であり、ほとんど錆びず、人が加工しようと思えば石器でも加工できるわりに、多少の衝撃でも形が崩れない程度の硬さはある。

しかし、これらの特徴は農業生産にも武器にも適さない。金は、近年になって導電率の良さが着目されるまで、決して実用的な金属ではなかった。
そうであるにも関わらず、金が価値を持っていたのは、その美しさという非「実用的」な理由の需要が十分に大きく、かつ、供給の絶対量が常に少なく、化学的に安定しているために需要の回復期まで「美しさ」という価値の根拠が保持されたまま待つことができるからである。

人間には、自分が、ある物をある価値で手に入れた以上、その物について状態変化がなければ、もう一度同じ価値で売れるはずだという信念がある。ただし、この信念は、市場での流通量が一定である場合のみ成り立ち、革新や季節変動に基づく大量供給によっては崩され得る。

ある意味で、言葉通りの「錬金術」が成功しても、その技術が広まった時点で、金の価値はなくなる。「錬金術」はもし成功しているならば、その手法は秘されなければならない。「錬金術」の方法論は「金の価値」という外部条件があって初めて意味がある。この点が自ら価値を生み出す普遍宗教との根本的な違いである。

「錬金術」で象徴される宗教技術には二つの側面がある。一つは、金のように決して「実用的」ではないものに永続的な価値があることを、人々に認めさせるための方法という側面(金を作り出すという側面)。もう一つは、秘術を秘術として伝達するための組織法という側面(金は作れないと思わせる側面)である。

時に秘術とは作れないはずなのに作れると「思わせる」方法であったりもする。
更新: 00/??/??
初公開: 2006年02月04日 16:52:38

2006-02-04 16:52:38 (JST) in 経済的動機付け | | コメント (0) | トラックバック (0)

経済的動機付け」カテゴリ内の最近の記事

2006-02-04 錬金術

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/8500113

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。
» JRF の私見:宗教と動機付け:錬金術 (この記事)

コメント

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 温故知新。

今日のネットの話題: 画像・動画はタダ。普通、プライバシーはバッチリ。