« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »

2006年2月23日 (木)

『創世記』ひろい読み ― 知識の実

02:16 では「善悪の知識」のないものに対して、神は命令していることになる。つまり、「善悪の知識」がなくても神の命令は守ることができ、そのような存在として、まずアダムとイブを創造したことになる。

02:16
主なる神は人に命じて言われた。「園のすべての木から取って食べなさい。
02:17
ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」


一方イブは命令にそむき「誘惑」に負けることができた。これは、神にとっての善悪を示す「命令」の他に神に近づこうとする「欲望」があったことを意味する。

03:22
主なる神は言われた。「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある。」


人は「善悪の知識」を手に入れたという。これは神が善悪を判断した命令(神にとっての善悪)だけでなく、人が自分にとっての善悪を判断するようになったことを意味する。しかし、それは神への「欲望」に基づくものではない。

続きを読む "『創世記』ひろい読み ― 知識の実"

2006-02-23 19:52:57 (JST) in 旧約聖書ひろい読み | | コメント (0) | トラックバック (0)