« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年11月5日 - 2006年11月11日 »

2006年10月25日 (水)

裁判員制度の人数構成に関する私案

2009年までに裁判員制度が実施されようとしています。遡ること 1999年に設置された《司法制度改革審議会》で、その議論がなされているときから何度か審議会にネットで匿名の投書をするなど、私は注目していました。


まず、私は陪審員制度に賛成でした。とくに、世間の関心が高い裁判についてだけでも良いから陪審員制度は必要だと思っていました。

よくいわれるように、裁判官の独善を防止することや、市民の司法に関する教化が主な理由ですが、それ以外にも理由はあります。関心の高い裁判について陪審に掛け、結果的に陪審員が世論とは逆の結論を出すことで、民の判断の独善や、陪審員を攻撃しえないマスコミの独善もただすことができると考えるからです。

裁判員制度は、問題があるとは考えていましたが、やり方によってアリかなと思いました。ただ、裁判官の主張だけが通るようにならないために、裁判員制度の人数構成や手続きにはアイデアが必要だと思いました。

今回は、主に人数構成のアイデアをその理由と共に紹介します。

続きを読む "裁判員制度の人数構成に関する私案"

2006-10-25 00:00:01 (JST) in 司法制度 | | コメント (0) | トラックバック (1)