トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »

2006年2月 4日 (土)

英米法と大陸法

大陸法は議員の発案を立法機関で合意する形で発達した。これは制定時には議員が、運用時には市民が、内心で判断できるように、意思形成を重視する形で法体系が整備された(意思表示論など)。その信条は「誠実な内心の動きは保護されなければならない」というものであろう。よって、罰則を与える際の根拠は、社会的制裁よりも自力更正を重視することになる。

一方、英米法は判例法として発達した。その結果、第三者である裁判官や陪審員が裁判時(法律の運用時)に客観的にみて確かめられるものを重視する形で法体系が整備された(約因論など)。その信条は「結果からしか判断できないし、判断が (社会に)もたらす結果を重視する」というものであろう。よって、罰則を与える際の根拠は、自力更正よりも社会的制裁を重視することになる。

そもそも判例法や立法機関を重視するようになったのはトラックバックにあるような説の影響でもある。自分達で立法する大陸法の思想の背景には「一部分かもしれないが、自分達の力で法という普遍性を確立できる」という思想が見えるし、判例を重視する英米法には「人の力では、垣間見える普遍性を暫定的に明文化していくことしかできない」という思想が見える。
更新: 00/11/21
初公開: 2006年02月04日 16:38:37

2006-02-04 17:38:43 (JST) in 法の論理 | | コメント (0) | トラックバック (1)

「結果」の平等、「機会」の平等

「結果」の平等は、一見、「結果」重視に思えるかもしれないがそうではない。これは、同じ「努力」をしたのならば同じ「結果」になるよう、「結果」のほうを操作すべきだという「努力」重視の考え方である。「結果」重視の人々は、むしろ、良い「結果」が得られるように「努力」するべきであるが、得られた「結果」はどのようなものであれ、甘受しなければならないと考えがちである。

「機会」の平等は、ある時点において、それまで努力をしていようがいまいが、平等なスタートラインに立てることを保証し、それ以降はたとえ運が悪かったとしても、それを受け入れなければならないという思想である。結果を報酬で量る必要は本来ないのだが、分配を経ない結果で大抵の人が評価できるものとなると報酬しかなく、普通は報酬を得る公正な方法をいかに整備するかが中心的な話題となる。

「機会」の平等は「結果」の平等の単純な対立概念ではない。成長期には「努力」重視で、収穫期には「結果」重視に移行する概念と捉えるべきであろう。

続きを読む "「結果」の平等、「機会」の平等"

2006-02-04 16:45:26 (JST) in 法の論理, 経済学 | | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年2月 3日 (金)

「不断の努力」がないことに基づく一部翻案権停止の主張

公共の福祉(憲法12条)の著作権に対する優越から翻案権の一部停止を主張します。別ディレクトリにあります→《フィギュアの写真の著作権に対する見解
初公開: 2006年01月31日 17:20:14

2006-02-03 01:30:07 (JST) in 知的財産 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

『顕示的消費の経済学』を読んで

顕示的消費の経済学』(Roger Mason)を、主にその中で参照されるものを読みながら、自分なりの消費者心理のモデルを考えてみる。

続きを読む "『顕示的消費の経済学』を読んで"

2006-02-01 03:22:56 (JST) in 経済学 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

古いネタばかりで恐縮です

現在、ソフトウェアの開発と、ブログに上げるための従来記事の修正に時間をとられ、専門書を読む時間がとれません。

他の方の読み方は知りませんが、私の場合、数式の検算こそあまりやりませんが、著者の主義主張と自分の考えを戦わせるような感じで、考えをメモしながら、本に挟んでいく……といった読み方をします。専門書には分厚い本が多いので、通読するだけでも非常に時間がかかります。

さらにそれが英語の本となると「通常の三倍」というか、さらに時間がかかることになります。

雑記の論理学や数学のコラムや時事などは、大して資料を調べなくても書けるのですが、さすがに社会科学関連で新しい記事を作ろうとすると、作業が多くなってしまいます。

ちょっとしたアイデアぐらいなら、たぶんこちらではなく雑記に書くことになると思いますし……

この分野については当分、タイムリーなネタを期待しないでください。
更新: 06/01/30
初公開: 2006年01月30日 19:47:06

2006-01-30 19:47:06 (JST) in はじめにお読みください | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

リスク共有型投資 --- 資産的効用のサヤ取り

自国の株価指数への投資は、自国への投資であると同時に、自国内他企業から自社が取り残されることへのリスクヘッジという側面がある。前者は、自分と同じリスクを共有する者への投資「リスク共有型投資」と呼べ、後者は「リスク分散型投資」といえる。

リスク共有型は、明に暗に資産性があると認めているものと、当該資産との正または負の相関があり、リスク分散型は、それとは別の資産性があるものと当該資産との相関がないことを条件とする。

自国への投資は、普通のリターンを求めるだけでなく、公共的な投資も兼ねている。この公共部分は、財産性はなくても、本人にとって資産性がある。自分にとっての公共的資産性が高いのに自国の株価指数が低ければ、公共的活動を増やすことで、自国の株価指数が上るように行動でき、逆ならば、公共的活動を減らして利益を確定させることによる広い意味でのサヤ取りができる。

社員持株はリストラに対するリスク分散型投資だが、基本的にはリスク共有型投資である。自社株の資産効果消費と自社への貢献的労働のサヤ取りができる。

サヤ取りは、危険があるのが世の常である。
更新: 05/01/17, 05/02/01
初公開: 2006年01月29日 03:17:48

2006-01-29 03:17:48 (JST) in 経済学 | | コメント (0) | トラックバック (0)

失業の理論

日経新聞 (01/08/15 - 01/08/17) 『やさしい経済学 基本のきほん』のコーナーで「失業に克つ」という題で橘木俊詔 教授の記事があった。この著者は「日本の経済格差」という著書もあるので、わざと論争的なことを書いているのかもしれない。

>
ケインズは、……労働組合の圧力によって賃金が下落しない性質に注目し、働きたいのに職が得られない「非自発的失業」の存在を示唆した。


違うのではないか?

続きを読む "失業の理論"

2006-01-29 03:00:34 (JST) in 経済学 | | コメント (0) | トラックバック (0)

私は今では珍しい「ネットサヨ」ということになるでしょう

私は自分を左寄りの人間だと思います。ただし、私はたまに 2ch にレスすることがありますが、そういう人間は嫌われるので、左を思わせる書き込みはほとんどしていません。現に罵声飛び交う 2ch で「サヨ」と名差しされたことは一度もありません。

とはいえ、共産主義者でもありません。右の方が皆、国家社会主義者でないのと同じです。どこかの党員でもありません。ただ、選挙で、自由民主党という名前を比例代表で書いたことは一度もなく、無駄と知りつつ、共産党や社会 (民主)党やそこの議員の名前を書いたことはあります。


私はいわゆるリベラル左翼(リベサヨ)の位置にいるのでしょう。ただ、「第三の道」とかリベラル左翼と言って組織を組んでいる人間の言説には、ちょっと違うかなという印象を持ちます。

私が組織に属するとすればリベサヨよりはフツーのサヨクに行くと思います。そこで、自らのリベラルな言説を批判されたり、そのような言説を自粛したりするほうが思想的に得るところが多いように想像します。


私の場合、インターネットが幸運のうちに自由をもたらしたという時代的側面と、ニートという社会の矛盾を体現しているという側面が、その立ち位置を決していると思います。

その位置のままで、ほとんど匿名の個人で、誰かに特別の影響を受けることも、誰かの目を意識することもなく、そうでありながら批判にもオープンであり続けて発信ができます。……今しばらくの間は、このブログを公開しつづけられるという幸福を大事にしたいと願っています。
更新: 06/01/29,2006-12-10
初公開: 2006年01月29日 02:51:39
最新版: 2006年12月10日 17:19:10

2006-01-29 02:52:55 (JST) in はじめにお読みください | | コメント (1) | トラックバック (0)