« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »

2007年11月 3日 (土)

消費者保護としての私的複製の骨抜き案に反対する

著作権法の次の検討課題の一つとして、第30条の私的複製への制限があがっている。中でも私が危険に感じるのは、「オーバーライド契約」により私的複製を制限できるようにしようとする「適法配信事業者から入手した著作物等の録音録画物からの私的録音録画の第30条適用範囲からの除外」(長い!)である。


サービスのイメージとしては、サーバーでの管理のもと私的複製に相当するような複製物を安価にいくらでも作れるようにするので、「私的複製」そのものは必要なくなるでしょ、というものだろう。

その際、「安価にやらせるかわりに私的複製は認めませんよ」と契約にうたい第30条をなかったことにする(オーバーライドする)。ただ、誰でも「なかったこと」にできると消費者に不利な方向に流れると簡単に予想できるので、「適法」な事業者にのみ限るわけだ。

私が問題としたいのは二点である。

個人にとって大切な思い出の外部記憶である著作物のメディアが、そう望む者が(断続的に)居つづける間にも、存在できなくなる可能性があること。

オーバーライド契約を許すという「発想」が危険で、不正があらわれそれに歯どめがかからない心配があること。


それらに対応して著作権に関するある事業規制と間接侵害規制への条件を提案する。

続きを読む "消費者保護としての私的複製の骨抜き案に反対する"

2007-11-03 23:31:15 (JST) in 知的財産 | | コメント (0) | トラックバック (1)

違法サイトからのダウンロード違法化に「反対」する

著作権法 第30条の私的複製への制限として、「違法録音録画物、違法サイトからの私的録音録画の第30条の適用範囲からの除外」、俗にいう「違法サイトからのダウンロード違法化」が検討されている。

私は、下記のように概ねそのような条項を設ける妥当性を認める。しかし、インターネット消費者団体MIAUの活動に足並みをそろえ、「違法サイトからのダウンロードの違法化」に反対すると言おう。

続きを読む "違法サイトからのダウンロード違法化に「反対」する"

2007-11-03 23:09:28 (JST) in 知的財産 | | コメント (1) | トラックバック (1)