宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

「はじめにお読みください」カテゴリ内の記事 このカテゴリをはてなブックマークに追加 このカテゴリを含むはてなブックマーク (初公開日順)

2006年1月30日 (月)

古いネタばかりで恐縮です

現在、ソフトウェアの開発と、ブログに上げるための従来記事の修正に時間をとられ、専門書を読む時間がとれません。

他の方の読み方は知りませんが、私の場合、数式の検算こそあまりやりませんが、著者の主義主張と自分の考えを戦わせるような感じで、考えをメモしながら、本に挟んでいく……といった読み方をします。専門書には分厚い本が多いので、通読するだけでも非常に時間がかかります。

さらにそれが英語の本となると「通常の三倍」というか、さらに時間がかかることになります。

雑記の論理学や数学のコラムや時事などは、大して資料を調べなくても書けるのですが、さすがに社会科学関連で新しい記事を作ろうとすると、作業が多くなってしまいます。

ちょっとしたアイデアぐらいなら、たぶんこちらではなく雑記に書くことになると思いますし……

この分野については当分、タイムリーなネタを期待しないでください。
更新: 06/01/30
初公開: 2006年01月30日 19:47:06

2006-01-30 19:47:06 (JST) in はじめにお読みください | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

私は今では珍しい「ネットサヨ」ということになるでしょう

私は自分を左寄りの人間だと思います。ただし、私はたまに 2ch にレスすることがありますが、そういう人間は嫌われるので、左を思わせる書き込みはほとんどしていません。現に罵声飛び交う 2ch で「サヨ」と名差しされたことは一度もありません。

とはいえ、共産主義者でもありません。右の方が皆、国家社会主義者でないのと同じです。どこかの党員でもありません。ただ、選挙で、自由民主党という名前を比例代表で書いたことは一度もなく、無駄と知りつつ、共産党や社会 (民主)党やそこの議員の名前を書いたことはあります。


私はいわゆるリベラル左翼(リベサヨ)の位置にいるのでしょう。ただ、「第三の道」とかリベラル左翼と言って組織を組んでいる人間の言説には、ちょっと違うかなという印象を持ちます。

私が組織に属するとすればリベサヨよりはフツーのサヨクに行くと思います。そこで、自らのリベラルな言説を批判されたり、そのような言説を自粛したりするほうが思想的に得るところが多いように想像します。


私の場合、インターネットが幸運のうちに自由をもたらしたという時代的側面と、ニートという社会の矛盾を体現しているという側面が、その立ち位置を決していると思います。

その位置のままで、ほとんど匿名の個人で、誰かに特別の影響を受けることも、誰かの目を意識することもなく、そうでありながら批判にもオープンであり続けて発信ができます。……今しばらくの間は、このブログを公開しつづけられるという幸福を大事にしたいと願っています。
更新: 06/01/29,2006-12-10
初公開: 2006年01月29日 02:51:39
最新版: 2006年12月10日 17:19:10

2006-01-29 02:52:55 (JST) in はじめにお読みください | | コメント (1) | トラックバック (0)