« emachines のオンボードサウンドでヘッドフォンを使うとものすごいノイズがある | トップページ | lwp-request で https を使うと Segmentation Fault する。 »

2006年2月21日 (火)

ココログでスクリプトなどからファイルを削除する

ココログでは XML-RPC を使って同じ名前のファイルをアップロードすると付番されてしまう。Atom や XML-RPC API でスクリプトなどを使って管理する者にとって非常にやっかいな問題である。なぜなら、これらの API にはメディアファイルをアップロードする機能はあっても削除する機能はないからである。 (記事は削除できる。)

ただ、Perl の LWP モジュールなど https が使えるのならば、ココログのユーザー向けスクリプトに直接コマンドを送ってしまうことができる。このとき POST じゃなくても良く GET で良い。例えば column/test/test.css-1 というファイルを消そうと思ったら、コマンドライン上からなら次のようにすれば良いようだ。

lwp-request -m GET "https://app.cocolog-nifty.com/t/app/control/files?__mode=delete&type=file&path=column/test&id=column/test/test.css-1&username=XXX&password=XXX"


ユーザーは普段は __mode=delete_confirm を使っているが、__mode=delete を使うと確認なしに削除してくれるので都合が良い。もちろん XXX のところは自分のアカウント名とパスワードでなければならない。

更新: 05/03/30,06/02/16,06/02/21
初公開: 2006年02月16日 04:22:36

2006-02-21 04:14:13 (JST) in HTML/XML/CSS, ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (2)

HTML/XML/CSS」カテゴリ内の最近の記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリ内の最近の記事

批評や挨拶のためのネットコミュニティ

  • はてなブックマーク(って何?) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Twitter (って何?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/8683068

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。
» JRF のソフトウェア Tips:ココログでスクリプトなどからファイルを削除する (この記事)

現在、Cygwin の setup でインストールされる openssl-0.9.8a を使うと、 Crypt::SSLeay が make test で失敗します。openssl-0.9.7e-1 などにすれば大丈夫なはずです。 'lwp-request GET https://...'が失敗するのも同じ理由と思われます。 Crypt::SSLeay が対応するまで openssl-0.9.8... 続きを読む

受信: 2006-02-18 01:25:58 (JST)

» lwp-request のオプション -m を忘れて http://www.GET.com が表示されていた from JRF のソフトウェア Tips

さっき気付いた。ここに載っていた 'lwp-request GET' をそのまま使うと、何か変な HTML データが先に表示される。よく見ると、'lwp-request -m GET' じゃないとダメだった。 参考に次のような感じになる。 $ /usr/bin/lwp-request GET | head html head titleGreat Eastern Technology - Sun... 続きを読む

受信: 2006-02-21 04:29:26 (JST)

コメント

コメントを書く



(メールアドレス形式)


※匿名投稿を許可しています。ゆるめのコメント管理のポリシーを持っています。この記事にまったく関係のないコメントはこのリンク先で受け付けています。
※暗号化パスワードを設定すれば、後に「削除」、すなわち JavaScript で非表示に設定できます。暗号解読者を気にしないならメールアドレスでもかまいません。この設定は平文のメールで管理者に届きます。
※コメントを書くために<b>ボールド</b>、<pre>詩文やソースコード</pre>、<a href="">リンク</a>、その他のHTMLタグが使えます。また、漢字[かんじ]でルビが、[google: キーワード] で検索指定が使えます。


ランダムことわざ: 鶴は千年、亀は萬年。