« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月20日 (月)

Exhaustive Lock Dependency Emulator その1 並列処理の総当り

※最後に追記するようにこの記事には大きなミスが見つかった。以下は参考のために残しておく議論である。※


マルチスレッドまたはマルチプロセスの最も簡易な lock/unlock 機構において、その依存を総当たり的に調べるプログラムを(Perlで)書いた。

総当たり的なので、特に工夫があるといえるわけではなく、おそらく他の方が特に言及することなく為していることについて、たまたま私もプログラムする順番が回ってきたぐらいのことになると思う。「車輪の再発明」だが、調べるよりは自分で作ったほうが早い部類の話で、記号論理をやった人間にとって示唆に富む部分があるという印象を受けたので、ブログに書いておくことにした…といったところ。

これはマルチプロセス環境を Perl 上でエミュレートするという話ではまったくない。プログラム自体は、シングルプロセスで終了する形をとる。

アイデアのキモは、シングルプロセス環境ではあるがプロセスを順に何度も起動し、unlock があったときに環境をすべて保存し、lock があったときに以前 unlock された環境に切り換わると考えることにより、lock/unlock のシミュレーションができたと考える点にある。

続きを読む "Exhaustive Lock Dependency Emulator その1 並列処理の総当り"

2011-06-20 02:54:31 (JST) in Perl シミュレーション 関数型言語・定理証明器 | | コメント (3) | トラックバック (4)

2011年6月 3日 (金)

Statuses_Editor_Proxy.CGI - XMLRPC と OAuth を組み合わせた「ひとことサイト」ソリューション

このアプリケーションは何?


ユーザーとして MovableTyle の機能を XMLRPC から使い、Twitter.com やはてな社が実装する OAuth をユーザー認証に用いることで、CGI のサーバーにリソース・セキュリティが乏しい場合でも、ユーザー追加型の「ひとこと」サイトを一般ユーザーが比較的安心して運用できる Web アプリケーションです。

MovableType のテンプレート、そのサーバーに置く Javascript、ユーザー側で起動する Greasemonkey JavaScript(Google Chrome の UserScript にも対応)、(ローカルで起動する) httpd で使う CGI Perl スクリプトから構成されます。

当初は、アバウトミーの「ひとこと」をココログプロへ移転するツールとして作られたため、その変換のための Perl スクリプトも添付されています。

配布される MovableType のテンプレートは「ココログプロ」用に調整されていますが、SSI が使える MovableType 環境に対応させるのは困難ではないでしょう。

続きを読む "Statuses_Editor_Proxy.CGI - XMLRPC と OAuth を組み合わせた「ひとことサイト」ソリューション"

2011-06-03 05:28:30 (JST) in ウェブログ・ココログ関連 Perl JRF 作成ソフトウェア JavaScript | | コメント (4) | トラックバック (2)