« 2020年6月 | トップページ

2020年11月 5日 (木)

二封筒問題のシミュレーション その3 整数拡張編

概要


二封筒問題(参: 三浦俊彦『可能世界の哲学』)を Python を用いたシミュレーションで解く。その1では未開封と開封で答えが違うことがシミュレーションによっても確かめられた。その謎を解くため、その2では、まずは額を実数にするよう問題を拡張した。

この「その3」では整数問題に戻って拡張を試み、謎の解明を完成する。

続きを読む "二封筒問題のシミュレーション その3 整数拡張編"

2020-11-05 23:05:33 (JST) in シミュレーション Python | | コメント (0)

二封筒問題のシミュレーション その2 実数拡張編

概要


二封筒問題(参: 三浦俊彦『可能世界の哲学』)を Python を用いたシミュレーションで解く。その1では未開封と開封で答えが違うことがシミュレーションによっても確かめられた。

この「その2」ではその謎を探るため、まずは上限の効果を確かめようと額を実数にするよう問題を拡張してみる。

この次の「その3」では整数問題に戻って拡張を試みる。

続きを読む "二封筒問題のシミュレーション その2 実数拡張編"

2020-11-05 22:59:45 (JST) in シミュレーション Python | | コメント (0)

二封筒問題のシミュレーション その1 基礎編

概要


二封筒問題(参: 三浦俊彦『可能世界の哲学』)を Python を用いたシミュレーションで解く。

最初は誤解して、「求めているのは、単に、相手を見たとき相手の額が自分の何倍かを調べると平均で 1.25 倍になるということ。交換したとしてもしなかったとしてもそうなる。じゃあ、交換すれば結果が変わるかというと変わらない。開封も未開封も関係ない。」と考えた。

しかし、その後、開封バージョンを実際にシミュレーションをすれば、確かに交換したら 1.25 倍になるということが(予想外にも)示せた。この「その1」では、その「驚き」までを示す。

そして、その2その3では、なぜそうなるかを示すために議論を実数バージョン、一般的な整数バージョンに拡張する。

続きを読む "二封筒問題のシミュレーション その1 基礎編"

2020-11-05 22:51:24 (JST) in シミュレーション Python | | コメント (4)