« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:39445

奇跡に様式はない。あるとすれば奇跡として受け留められやすい形式があるというだけだ。犠牲は様式を必要とされる。犠牲が内心だけのものであったとしても、それは幸福感の否認である。そのようなものまで含めて過度な犠牲があり、社会の信用のためにそれは避けられるべきだからだ。

JRF 2008年2月14日 (木)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51545398

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース