« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:45349

被差別感を増幅しようとしていると他者が観測するとき、それはある種の低エネルギー状態の極への引力としての働きがあるのではないか。周りの温度が高くなるときその見かけの引力も強くなり、臨界にいたるまでややケイオティックな状態に苦しむことになる。というモデルをつくれないだろうか。

JRF 2008年3月17日 (月)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。