« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:51232

「私」はそのとき受け容れる純粋さをもっても、後の世代ではいろいろな係累から純粋さが失われる。その純粋さは「神」をして永遠の王権を約束するに足りても、それもついえるのが定めのようなもの。その残滓が集合的無意識の形態を変えたとしても。

JRF 2008年4月21日 (月)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51545764

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース