宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:55650

「屁理屈」とだけいうのは「Yes」や「No」とだけ答えてそのあとを続けないのと同じで、議論を拒否していると受けとられてもしかたがない。そういう言葉遣いをしても「許される」のは、「あとは自分で考えろ!」と言える関係にあり、かつそれを説明できる誰かがいると信じられる場合だけだ。

JRF 2008年5月20日 (火)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:125348 from JRF のひとこと

我思うゆえにありうるのは我々までであって、我が自立して存在するとまではいえない。しかし、常に我々と思えないほど人は絶望的に孤独であり、そこに多くとも「我」しかない。孤独ということは、私を我々と思うのを Imaginary に留めねば、生物として危ういということである。... 続きを読む

受信: 2012-01-05 17:11:40 (JST)