« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:57887

しかし、この「神」をどう捉えるかは私にとっても惱みどころである。この書がつくられた当時の雰囲気において神を登場させるのには、どのような意図があるとして良いのだろうか。一種の預言のように読むべきなのだろうか。

JRF 2008年6月 4日 (水)

typo 「惱」→「悩」。

JRF2014/7/254176

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51546053

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース