« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:60110

ブラームスのドイツ・レクイエム、第1曲の mit Freuden のところ、まるで白壁に花が淡く咲いていくようだ。宇野功芳氏のオススメのバレンボイム盤が 1050 円なので買ったが、私にとってアタリのようだ。

JRF 2008年6月17日 (火)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51546150

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» cocolog:69156739 from JRF のひとこと

ヴァント指揮 NDR-SO 『ブラームス:交響曲 第3番』。まずは、1996年のライブ録音版を聴く。トスカニーニの第3番にはバッハ的宇宙を感じたが、これはそれとは違う方向。バレンボイムのドイツ・レクイエム([aboutme:60110])に聴いたような花のイメージが浮かぶ。... 続きを読む

受信: 2012-01-04 16:12:19 (JST)

» aboutme:105825 from JRF のひとこと

クレンペラー指揮『ブラームス:ドイツ・レクイエム』。「6、この地上には永遠の都はない」。苦しい。激しい曲だとは思っていたが、この合唱は異常だ。ああ、彼らもそれは狂気であるとわかっているのだな。戦争の時代を生きた人々が神の創造をたたえる。これは…ニヒリズムだろう。... 続きを読む

受信: 2012-01-06 16:12:48 (JST)

» cocolog:86176094 from JRF のひとこと

ミケランジェリ『ショパン:マズルカ集 他』とカラヤン『ブラームス:ドイツ・レクイエム』のCDを聴いた。 続きを読む

受信: 2016-12-28 17:22:27 (JST)

このころのニュース