« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:61210

この得をした買い物への「罪責感」みたいなものはなんなのだろう。仮説をたててみる。つまり、(1) 文化的消費財というのは本来は、特殊なコミットをする人員にのみ限られるもので、そのような財を手に入れるというのは、それにふさわしい鑑賞を行う責任を負うのである。

JRF 2008年6月25日 (水)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51546280

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース