« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:64159

正規乱数が3変数の場合の標本平均と標本分散の独立性。「定義」に従って、密度関数の積に帰着する方法、手数が増えたとしても、もっともストレートなはずの方法を試している。

JRF 2008年7月 6日 (日)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51546362

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース