« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:66894

死を重くみるとは死を恐怖することではない、病にあっては死と闘うのではなく病と戦う、死は待つべきものとみつけるべきではないか。…そんな理想像を描くが、結局のところ、私にはわからない。そういうメンタリティならば日常にも持てるではないか。そうでない非日常が必要ということか?

JRF 2008年7月14日 (月)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51546465

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース