« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:72112

新生と呼べる気付きなのだとして、自らその責任を負う。釈尊の「悟り」にそういう面があったと私などは想像する。釈尊の悟りが悟りのイデア(理想型)として、先の「気付き」は、イデアの投影の一つということでよいはず。

JRF 2008年7月30日 (水)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51546553

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース