« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:86322

神の保証債務は、自分の苦として引き受ける。苦として引き受け自分となし、他者と対称していく。天の価値を地上の価値に確定していく。…そう積極的に「自分の側では解釈する」…それは会計的には一体何だ?

JRF 2008年11月 3日 (月)

「苦として引き受け自分となし」は↓の影響。

ララビアータ:レヴィナス(6)
http://blog.livedoor.jp/easter1916/archives/51671557.html

JRF 2008年11月03日 9583

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51547280

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:120915 from JRF のひとこと

時効延長を翻意させるのに、官僚等が時効延長の害を受ける対象となるよう考えたい。安直には、国家組織の時効の問題にする…。しかし、それこそ、死刑廃止派の大臣が時効延長を進める理由であり、東京裁判にはじまるとできる人道に対する罪に時効がないことが逆にこの議論につながっている面もあろう。... 続きを読む

受信: 2012-01-06 00:13:48 (JST)

このころのニュース