« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:86445

絶望が去って普通の生活が営まれていく。それがあったことを歴史にするため組織を作っていくという在り方は既にあったことで、それができたことは余裕をもらえていたということでしかない。そこに力はない。生きていく者は、自らの思いを預け、または、自らを預け、伝わらぬ生を選択する。

JRF 2008年11月 4日 (火)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51547283

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース