宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:89181

その偶然が新しい記事を書くときに参照され、偶然が増幅される。乱数じゃなくて記事のハッシュでいい。サーバーで毎日特定の数値を公開し、その数値と記事のハッシュ(文字列)の組を二組とって、その4つのデータのハッシュ数値を距離と定義すれば、このようなお遊びには十分ではないか?

JRF 2008年12月 4日 (木)

「4つのデータのハッシュ数値」を新しいエントリごとにすべてのエントリに対して計算してたらエラい時間がかかるよ!

「その数値と記事のハッシュの組」のハッシュ文字列をとって、その文字列の類似度を距離にすれば十分。…だと思う。

JRF 2008年12月05日 3679

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。