宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:90667

靴にICを組み込む。システムのある部屋に入ると、そのICにより靴の向きと位置を検出できるとする。さらにそのICには一時的に発行されるIDや付随情報を記録・書換えできるとする。情報の付着を泥に擬[なぞら]え、仮に e-Mud システムとでも呼ぼう。

JRF 2008年12月24日 (水)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:119105 from JRF のひとこと

時効まで逃げ切れることを見越して罪を犯すものはいない。何がしかの恐れから罪を犯すことが多いとすべきで、殺人の時効を伸ばして恐れを増せば、補助線的には例えば、スパイを増やすことによって闇で人死にを増やすことになる。... 続きを読む

受信: 2012-01-06 07:09:10 (JST)

» aboutme:109912 from JRF のひとこと

[アイデア] 昔、光る棒を振るとその残像で文字が出るというのがあった。(フリフリ棒とかバーサライタというらしい。)それで今はWiiリモコンのように傾きを検知できる。この二つを組み合わせて、剣を振りながらコマンド入力すると文字が浮かび上がる「ライトセイバー信号棒」とかできないか。... 続きを読む

受信: 2012-01-06 13:26:09 (JST)