« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »

2007年12月30日 - 2008年1月5日

aboutme:32378

ルソーじゃないけど、不平等起源というのは所有にあり、分業があり分業による無理解から人から見た怠惰が生まれうる以上、所有の概念は生じざるを得ない。不平等もある。平等論というのは支配の納得を得させる方法論でしかないのではないか。

JRF 2008年1月 5日 (土)

aboutme:32376

平等を支配を通じておこなえば、支配者とそうでない人の間に格差を生む。そうでないという方法で平等というものはほとんどありえない。また達成された平等には「地域差」が必ずあり、その間にも格差はある。支配のない状況でそれをなだらかにできるなら、そもそも支配などいらなかったはずである。

JRF 2008年1月 5日 (土)

aboutme:32374

また数学ができない一年になるかな…。

JRF 2008年1月 5日 (土)

aboutme:32192

最近の私は不安を自分のものとしていない。精神分析(?)の本『死ぬ瞬間』を読んでいて、そういうことじゃないかと気付いた。でも、それを取り戻そうとするのが良いことなのか。ある意味「死の準備」に向けた一歩を踏んだだけなんじゃないかとか思った。

JRF 2008年1月 4日 (金)

aboutme:32191

昔からデジャブとはちょっと違うが、あ、これ夢で見た光景だ、注意しないと…と思うことがある。もちろん、それは夢で見たというよりもある光景を過去に結びつけているとかそういうことなんだろうが。で、そういうのが最近あったのにどうもそれを活かすことができなかった。

JRF 2008年1月 4日 (金)

aboutme:32188

シマノフスキぐらいの調性や無調はあって、現代曲でもう少しドイツっぽいやつないのかな。

JRF 2008年1月 4日 (金)

aboutme:32178

ところで医師はこういう期間をどうやって算出するんだろう?私のような症状が出た人にいつからそういう症状が出たか聞いた期間と、普通の人に、そういう症状があったことがあるかを聞いて病院に実際に通う必要のあった人の割合とかから算出するのかな?

JRF 2008年1月 4日 (金)

aboutme:32177

おっとまた適当なこと書いてたな。「1週間」というのに根拠はなかった。人それぞれの事情があるからどれぐらいは目安にしかならないし、それ以前に私はそういう期間を判断できる人間ではない。私がそう書いたのは自分の体験の辛さからみて一週間ぐらいはキツくならなかったというだけだ。

JRF 2008年1月 4日 (金)

aboutme:32028

その経験は「統合失調」というよりは「精神分裂」であった。最初は自分が意識していたときのみ「交信」できていたのが、除々に交信が「要求」されるようになった。説明しづらいが、そういう症状がでてきたら、安易に「交信」しないほうがいい。1週間ほど続くようなら医者に相談してみるべきかも。

JRF 2008年1月 3日 (木)

aboutme:32025

これは意識的に何回というのを考えてないのに数えてみると、何がしかの意味があると主観的には感じられるというものだ。むしろ意識的にはそういうもの見ないようにして、ただあとからふり返って数を数えているだけなのに、「正しい」答えになっていると感じられた。

JRF 2008年1月 3日 (木)

aboutme:32024

「数を数える」というと統合失調症になったとき、「無意識」の体に触る動きを数えることで「神々」と交信できるという妄想があった。あごを二回触ってしまったらある神がイエスといった、というふうに。

JRF 2008年1月 3日 (木)

aboutme:31757

でも、そういう恥かしさは昔から変わらない。私の「知ったかぶり」は今さらどうしようもない。そこを抑圧する気も、意識的には、ない。

JRF 2008年1月 1日 (火)

aboutme:31756

適当に書いたなぞかけがまちがってるのに気付く。恥ずかしい。あと道歌とか渋い質問があって驚いた。

JRF 2008年1月 1日 (火)

aboutme:31755

かつて書いたメモが全々わからなくなってる。前もそうだったが、いっそうひどくなったな。まぁ、ゆっくりとりもどしていくさ。とりもどせる範囲内で。できるだけ絶望的にならないように自分を支えながら。

JRF 2008年1月 1日 (火)

aboutme:31568

あけましておめでとうございます。

JRF 2008年1月 1日 (火)

aboutme:31552

私にも。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31551

人々にとって来年がいい年でありますように。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31550

今年も社会から見ればほとんど何もできなかった。来年はさらに社会から見えなくなるかもしれない。「いつかっていつ?」すまない来年も待ってくれ。内からの批判はもうあまり感じるところがなくなった。でも、もう一歩進みたい。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31545

私にも出せる機会はあった。その多くをスルーしてしまった。誰かれにどれだけとはいえない。でも感謝はしている。ああ、なんと素晴らしき世界よ。私は二重の意味で与えられている。この幸を分けあう必要はなくても、いつか還元できるようになりたい。それは私の希望である。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31542

ネットの寄付もそうだ。PayPalはかなり躊躇する。一度「失敗」したことがあり、それから長く使っていないだけに。わずかばかりのお金しか出せないのに国際送金も難しい。クレジットカードを新たに登録するなんて信じられない。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31541

先日、募金活動をやっている人を見た。ただ通りすぎた。私はいつも躊躇する。私のようなものが寄付をするというその偽善性に。ときに寄付することもあるが、よほどやりやすくないと寄付できない。周りに違う「空気」があれば、普段そんなことを気にしない私も、それにかこつけて寄付しない。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31527

数学ができればいいな。毎度言っててできないから、来年もできないかもしれないけど。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31523

去年ほとんどブログ記事を書かなかった。でも、そのわりには満足している。これぐらいのペースでいい。来年はもっと少なくなるだろうが、それもそれでいい。他のことに集中する年にしたい。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31379

ブルックナーの曲が好きだというのもあるが、彼の「ロリコン」と「数を数えたがる」という強迫症にも興味をそそられる。……えー、自分がそうだといってるわけではないからね。(^^;まぁ、現代とは何かと違う事情もあるだろうし、と同時に現代そういうものがクローズアップされないかも気になる。

JRF 2007年12月31日 (月)

aboutme:31366

それは確定的。

JRF 2007年12月30日 (日)

aboutme:31365

八という数字にはあと八天という意味もあるかもしれない。肉眼で見える水金火木土+日月で七天、あと他の星で八天。でも、彗星や流星があるからな。八天というのは確定的数字じゃあない。でも、今や惑星の数に関しては憲案だった冥王星が除かれたために八天になっているんだよね。

JRF 2007年12月30日 (日)

aboutme:31362

そういう動きによって時間を見てるように見える物理的現象ってあるんだろうか?相対性理論?いや、全体がそもそもあって、自らの動きが時間に影響するというやつはないか…と。

JRF 2007年12月30日 (日)

aboutme:31344

というか隅という字自体、すみという意味より人がたまたま出会う街角という意味があったのではないか。…それはないか。

JRF 2007年12月30日 (日)

aboutme:31343

昼の四方は、日に依るわけだが、これは夜ほどはっきりとしたものではない。基本は人の働きで時を知り、のちに方位を知るということになるのだろう。つまり、陽の四方はたまたまあう人の「動き」により知るわけだ。ならば、四隅というのは四遇または四偶が元ではないか。

JRF 2007年12月30日 (日)

«前のひとこと

« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »

このころのニュース