« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

2008年9月21日 - 2008年9月27日

aboutme:81447

涼しくなってきたんだから、体調を整えて、もう少し気合入れろ >> オレ。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81445

私はわかってないな。わかってないのはわかってるけど、それでもまったく裏が読めてない。経済については再び黙ろう。今回は時事への私的感想だったってことで。経済は勉強していく枠組の中で言及するに留め(られたら留め)よう。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81440

消臭保証で匂いが消えないじゃないかと文句を言って「体臭ですね」と返されたら泣くしかないよな。…ググるとそういう小咄を考えてる人が他にもいる。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81438

これはダミー行動で利益を保護するのの逆で、ダミー行動が犯罪を構成している。その結果として手続きの「適正化」がはかられたわけだが、それにより「対象」にすべきなのにそうならない者が出てきている。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81437

大阪市営地下鉄で2008年2月に起きた痴漢でっち上げ事件の論告求刑公判で、>検察側は「正当な痴漢の被害申告に多大な影響を与える悪質な犯行」として懲役8年を求刑<。

JRF 2008年9月25日 (木)

» 続きを読む

aboutme:81431

…私は見えないのかな、見ないようにしてるのかな…。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81430

深刻な体験が今ないはずない。テレビやネットの馬鹿話で伝わりにくい世間もあるだろうけど、昔伝わった人口ぐらいには伝わっているんじゃないかと思うんだが。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81425

でも、もしフロンティアの消失が本当なのだとしたら、殺人への時効をなくしたままでこの先大丈夫なのかなぁ(内戦とか起きないのかなぁ、とか)…とは思う。そういうのはモラルにもなってる(なってく)はずで、軍人は納得できるのかぁ…。と…思慮する。

JRF 2008年9月25日 (木)

» 続きを読む

aboutme:81424

一つだけの「超」大国というのは、もしかすると難しいかもしれないけど、経済が一時的に大打撃を打けたからって頭抜けた大国がそうでなくなることはないと思う。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81373

いや、わかってないよ >> オレ。そんなので「意見」書いた気になるなよ。…年の最後のクォーターだし、来年に向けて少しその方向の本も読んでいこう。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81370

今は、もったいないから動物にやるってのもできないしなぁ。

JRF 2008年9月25日 (木)

» 続きを読む

aboutme:81367

私もどちらかといえば国連中心主義だけど、やはりそこでも中心の一国はこれから先も変わらないだろうし、危機をわざわざ呼び込むような「現実主義」も取るべきではない。「いつまでたっても変わらない」ならおんの字だ、少なくともこれから50年は。

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81366

これからの経済は、高齢者による取り崩しで、国家的に貯蓄不足が現れるおそれが強い。そこを補うという意味でも何らかの貯蓄の枠組とそれが危機でもなければ簡単に合算されないロジックが必要では?

JRF 2008年9月25日 (木)

aboutme:81365

だから、そこを「日本の一部でもある」という体裁をとらせて突っ込めるものを突っ込む、というスキームで良いのでないですか?そしてできることが終ったら引き上げる。足跡は残さなくていい。 >>現地での足場づくりに失敗した1980年代後半の経験を繰り返すようでは困る。< 繰り返すよ。<

JRF 2008年9月25日 (木)

» 続きを読む

aboutme:81364

>他国民が困っているなら、そして日本人が助けられるなら、四の五の言わずそして多少は目を瞑ってでも助けろよ<。ここで「超」が付く一国の重要機関が大きな混乱に陥れば世界にはとんでもない余波としてあらわれうる。

JRF 2008年9月25日 (木)

» 続きを読む

aboutme:81202

道の先に目的地があっても道がそこで終わるわけではない。でも道を往く私には終りはあって、一生があって、一年があって、一日がある。いっときに逡巡する。この光陰は避けるべきものか。

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:81199

積ん読はいつものことだけど、ちょっとためすぎかな。

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:81198

意見がしばしば違うのは、もちろん私が未熟なせい。まぁ、未熟と言っても私があそこまで成熟することはこの先もないだろうけれど。…いや、この意見は自分の言いたかったことを否定されたことのヒガミがイヤミとして入っているかな。でも、こちらから何も出さずにもっと説明してくれともいえない。

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:81195

「事態はむしろ悪い可能性があるのに。」というのはすでに終ったことを述べているのだろうか。もう取り返しがつかない、と。それともこの先、破綻があるということ?だからこそ「貯金」を別枠で出せるようにしとけって私は思ったのだが…。民主主義的にはおかしいかもしれないが、老人国家には必要…?

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:81193

コントという哲学者が「見るためには愛さなければならない」と述べたそうだけど、愛ってその対象に限るんだろうか?神への愛なら?、お金への愛なら?

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:81192

ある意味で「いい人」を監視の任に充てているから伝わりにくく、「悪い人」を充てたならば具体的な「威し」などの形で伝わるようになる。で、それをある程度取り締ることで数の多寡も意識されるようになるとか…。しかし、それは…。

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:81190

もしかして…「超人」ならばむしろ適切な通知ができる…普通人が監視をしているから、逆に葛藤が生まれている?

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:81188

私が書いたことを今たまたま、深刻に受けとった人がいたとしても、このまま放言を続ければ適度な信用が得られると思う。適度な信用とは、言ってることがだいたい不信感をもって評価され、私が誘導したい社会的利益が明らかになるということ。

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:81186

私は増長していたかもしれない。でも、今掴みかけてるスタイルは少しずつ変えつつも何とか持続したい。ずっと持続しなくても、こういうネット社会との関わり方を、私の一つのチャンネルとして確保しておきたい。

JRF 2008年9月24日 (水)

aboutme:80974

そういや、こばえ(小蝿)が家によく出ていたが、そろそろ止んだ。これは、この時期ではないかもしれないが、毎年のようにあること。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80973

部屋や自分の体臭かもしれないので書くのをためらっていたが、新聞で読んだ記事をキッカケとしてここに書いておく。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80972

少し前、自分の鼻の中でアンモニア臭(おしっこの匂い)がやたらとした。何日かすると花紛のような匂いを感じるようになった。それがこのところ止んでいるが、どうも匂いにビンカンになっている。今日は、夜、外にでると湿ったミドリっぽい匂いを少し感じた。

JRF 2008年9月23日 (火)

» 続きを読む

aboutme:80971

……。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80970

この辺は宗教的確信をどうあつかうかという問題で、私が別に関心を持っているところでもある。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80969

話を戻して、思いよらせず威圧するというのも社会にはある。が、それは幻想で人を惑わしているのと何が違うのだろう?「我々は知っている。幻想によらず知っている」という者は、本当に幻想なく知っているのだろうか?彼が見ているのもよくできた幻想ではないか?

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80968

……。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80967

以上を勘案すると、通知は、自由な通信路を使いながら、機械可読(重要部分の自動翻訳が可能)な定型化が必要ではないか。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80966

…と言った議論になる。こうすると、インパクトが薄れて別の解決策があるように見えるのが欠点となる。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80965

これを超人でない人間的なものに持ってくると、外国が外国語でしか書かれていないが、何か重要なことが書かれいることはわかるような通知を出すのは、必要以上の恐怖をもたらし、通知に許可が必要となると、相手国に借りを作ることになるのでよろしくない。…

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80964

(まぁ、ビョーキな私はそういった超人的通知らしきものに出遭ったように感じてしまうこともあったりするのですが。感じようとしてしまうこともありますね。最近は通知と感じることは滅多にないです。おっと、普通人が意図した通知はもちろんもらってますが。)

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80963

これはほとんど恐怖である、ひょっとすると心臟麻痺を起こすくらいの。「思いもよらない」者からの通知だからといって「思いもよらない」方法でなされては、困るのである。かと言って、超人は人の軍門に下りたくないだろうから、誰かの許可がなければ通知できないというのも妥当ではないだろう。

JRF 2008年9月23日 (火)

» 続きを読む

aboutme:80962

超人の通知方法を想像してみる。たとえば道で拾った石に光る文字が見える、とか、鏡に別人が映って何かを言っている、広告等が特別な配列になっている、PC が異常な表示をする、…。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80961

……。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80960

実際盗聴されているのに盗聴の可能性に気付かない人を出してはならない。少なくともそこを原則にした上で、配慮が必要な部分等を特別に手当てしたほうがいい。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80959

人が気付かれることなくその者に注意して聴いたのなら、そのことを告げるようにしていかなければ、その人の周りに壁ができる。聴こえるようにもなっている空間に重い壁が横たわるようになる。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80958

思いもよらない方法で盗聴がなされる。それが影響を及ぼして不幸になっているのに気付けなければ、その者は改善のための努力に見当を付けられない。人にとって自分が聴けることはあたり前のことになる。ますます「悪事」を選択する彼が私と違うのはあたり前になっていく。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80957

……。

JRF 2008年9月23日 (火)

aboutme:80939

オルガン伴奏のチェロ ソナタがいい。現代曲でそういうのないのかな?

JRF 2008年9月22日 (月)

aboutme:80934

お腹、いつものところが痛い。痛みが小さくなっている気もするが、そのかわりに鋭くなってる。

JRF 2008年9月22日 (月)

aboutme:80792

私はなじんでないな。…と思うことはそこかしこであります。

JRF 2008年9月21日 (日)

aboutme:80787

ドサッと古本を買ってしまった。全部で一万円以上使ってる。読む(というか勉強する)ことはないだろうに。近ごろ、タガが緩んでいる…。

JRF 2008年9月21日 (日)

aboutme:80737

物凄いアメ。……内田光子、テイト指揮のモーツァルト ピアノ協奏曲 第24番 第25番のCDを聴いている。今、瞬電ぽいのがあった。

JRF 2008年9月21日 (日)

«前のひとこと

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

このころのニュース