« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

2008年10月19日 - 2008年10月25日

aboutme:85378

ほんのちょっとのムリに体がついてこない。…というか空回り。

JRF 2008年10月25日 (土)

aboutme:85300

このあたりの考えはもう少し下積みが必要なように思う。まず自分の時間をその方向に投じる必要があるだろうな。

JRF 2008年10月24日 (金)

aboutme:85298

減価償却の自己金融効果ははじめからああいうものだったのか。積立金との関連も気になっている。

JRF 2008年10月24日 (金)

aboutme:85297

消費税の定率還付と税徴収を民間にやらせるとき、何を国が報告として受け取ればいいのか。その監査はどうするのか。それが気になっている。

JRF 2008年10月24日 (金)

aboutme:85296

でもそれは新作を作ることで回していくモデルとはあまり整合しない。持参金のようなものが必要となるのではないか。フェアユースが市場になることを認める、そのとき、その金融面、金が入ってくることの期待をどう公的に是認すれば良いか。「会計」をどうするか。

JRF 2008年10月24日 (金)

aboutme:85295

リバースエンジニアリングが性能と言ったとき、それが評価されるとはどういう状態か?思い出せば、これへの解答が私が同人誌等の二次創作市場を積極支持する理由だったかも。それで、教育の必要性…啓蒙主義みたいなのが、根になるのかな。あと金銭的動機が関与しないとダメ、という市場主義も根か。

JRF 2008年10月24日 (金)

aboutme:85288

意味がないならばこれまでも同じ。薄くなっても出力もしっかりせねば。

JRF 2008年10月24日 (金)

aboutme:85287

私にできるわずかなことでは何も動かせない。でも、何かをするべきなのだろうな。健康がとりえというのでもないのだから、それを保つ必要が少ないのが強み、と思い浮かぶのみだ。ほんの少し自らにムリを数えていこう。

JRF 2008年10月24日 (金)

aboutme:85182

私は、少し経済に気をとられ過ぎているかもしれない。

JRF 2008年10月23日 (木)

aboutme:85180

精神科の先生が、みな経済の話をする、と言ってた。もちろん、私もその一人。話した後とんちんかんなことに気付いて赤面。…陰謀論ってあるけど、こういうときに事を起こすと、精神面からも大きな影響が実社会に及んでくるよなぁ、と帰ってきて思った。

JRF 2008年10月23日 (木)

aboutme:85100

裏の網目に露つけて、すっかり滑らか緑の肌。瑞々しいメロン、今はいぶくろ…。

JRF 2008年10月22日 (水)

aboutme:85095

街に行く前の日から、風邪ぎみ。インフルエンザがキてるのか?…いや、でもこれはそんな感じじゃなさそうだけど…。

JRF 2008年10月22日 (水)

aboutme:85084

この皮の 厚きに匙を 通さぬか、メロン。

JRF 2008年10月22日 (水)

aboutme:84885

とんでもない間違いに気付いたので、自分にかけた縛りを破ってしまった。…が、しかたがなかった。

JRF 2008年10月21日 (火)

aboutme:84884

なかなか下がらないようになるからいいんだ…とか強弁できたらいいけど、ダメだわなぁ。要再考。というか 0 から考え直し or お蔵入り。

JRF 2008年10月21日 (火)

aboutme:84882

とか考えていたけど、そんなことより、もっと大きな問題に気づいた。このシステムが弱いのは単純な「自己売買」!下落局面では、自分で売ったものを自分で買うだけで前の人の「平均」が寄与して、買い値より売り値のほうが高くなる。……あっちゃー。

JRF 2008年10月21日 (火)

» 続きを読む

aboutme:84881

昨日の「システム」は致命的な欠陥があった。「空売り」ってむしろ先に売った額が減額されることになるから、むしろやりにくくなる。あれじゃあどう攻撃するんだろう。これを組み込んだ二つの投資信託があるとき、その一方のみを低い価格にするよう操作できるため、裁定ができる状態が作れて…

JRF 2008年10月21日 (火)

aboutme:84730

「平均化できますから大丈夫」という誘いがあるなら、「空売り」すなわち、あり得ないほど低い価格で特定の誰かに損害を与えることで、誰か(売った本人とは限らない)が得をする構図がないか吟味しないといけない、というのが今の私の認識。それ以上のものはまだ知らない、思いついてない。

JRF 2008年10月20日 (月)

» 続きを読む

aboutme:84729

ただ、これは、売り逃げには効果があるけれども、空売りに弱い。一つ一つの価格がオークションにより決まるとすれば、その弱みはほとんど無視できるのだろうが、最低落札価格がないと売り手は安心して市場参加できないかもしれない。でも最落ありだとどうプログラムすればいいのか…。

JRF 2008年10月20日 (月)

» 続きを読む

aboutme:84728

昔、「売り平均化市場」というのを考えたことがある。買いはそのまま確定するが、売り手の収入は一定期間で(過重)平均化した額が平均されるというもの。一定期間に一定個数までしか取引がないことを原則とすることで、途中の段階でもある程度キャッシュの動きを確定できるようにできる。

JRF 2008年10月20日 (月)

» 続きを読む

«前のひとこと

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

このころのニュース