« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »

2008年11月23日 - 2008年11月29日

aboutme:88725

アスファルトに 落ち葉!顔揚げ 枯れザクラ。…重季か…。普段気にしてないことを気にしようとする11月の終り。

JRF 2008年11月29日 (土)

aboutme:88724

ところで「かんとも」ってどういう意味?実は「何とも」ではなく「難とも」で「難とも艱とも」(艱難[かんなん]の逆)とか?続くことばは「難とも艱とも言える状況だ」とかになるのか?それとも哲学者カントが元で、「国際関係は、なんともならん。カントもならん。」とか?

JRF 2008年11月29日 (土)

» 続きを読む

aboutme:88715

なんとかならんかなんとかなんともかんともならん

JRF 2008年11月29日 (土)

aboutme:88629

手詰まり。

JRF 2008年11月28日 (金)

aboutme:88628

国家のアイデンティティをそういうところに求めることもあるかもしれないが、「自分」がそれで決まるわけでもない。

JRF 2008年11月28日 (金)

aboutme:88627

「横着な監視」を受け容れて行動していたことが「自分」を示す。…というのは、単に道具から人となりがわかることがある、啓示性を考?に入れても、甲骨文字の利用から文化がわかるという以上のことはない。

JRF 2008年11月28日 (金)

» 続きを読む

aboutme:88626

View が「自分」みたいになりそうだけど。投資と投入は似てるけど、投入=投資をすると売上がリターンに直結して「自分」のものになっていく…。でも「自分のもの」は「自分」ではないし…

JRF 2008年11月28日 (金)

aboutme:88625

11月17日に書いたグラフ。log の中身に 1 とか 9.26 を足すのが「重大にならないようにする」ことに相当するのかなぁ。それを足さないで、log の中身がマイナスになるのは、「不可能世界」を表していることにでもなるんだろうか。「自分」はどこにいるんだろう。

JRF 2008年11月28日 (金)

» 続きを読む

aboutme:88547

可能世界が「刈り込まれた」ように見えるのは可能世界が逆に拡大し、差異の重大さが変化するからだろうか。「自分」という考え方はとりたいが、View は導入したくない。むしろ、11月8日に書いた「横着な監視」が「自分」を変えるはずというあり方で「自分」を導入したい。

JRF 2008年11月27日 (木)

aboutme:88544

ここでネタバレるのはどうなのかな?ここは読まれてないから、それほど気にすることはないと思うのだけど…。この程度の予想を重大でなくするような新作の投入があるはずだし。

JRF 2008年11月27日 (木)

aboutme:88543

ジョン・スミスって元は別人なんだろうな、とか思った。案外、年をとったもう一人のキョンなのかな?異世界のキョンとか?

JRF 2008年11月27日 (木)

aboutme:88542

ハルヒ、漫画版で読んでいるだけだけど、「消失」がどうなるのか気になる。キョンが二人存在することが確認されたので、もう一人の自分と交渉して、もう一人の自分が別の世界をひきうけ、「自分」がいつもの世界に存在していく、「もう一人の自分って何だろう」みたいなオチになるんだろうか。

JRF 2008年11月27日 (木)

aboutme:88541

定住の呪い。定住が可能な条件は早期の乳離れを促し女性の出産間隔を短かくできる。それが殺人の認容に繋りやすいとか?それは少し違うと思うが…。なぜ乳離れが早くなるんだろう?

JRF 2008年11月27日 (木)

aboutme:88535

隠れている離れているは「自分」を重大でなくするが、「自分」をあらしめ続ける投入はあるということ。

JRF 2008年11月27日 (木)

aboutme:88534

偶然が重大な結果を生むなら、その偶然な原因に作用を及ぼそうとするのは当然である。自分というものがあって、そこには重大でないようにする、多くの「自分」に重大でなくなるほどの投入があるから「偶然が重大な結果になる」ことが許される。

JRF 2008年11月27日 (木)

aboutme:88497

可能世界を刈り込んでいるというのは、どう集合論的に「図示」できるのだろう?見本空間というのは、そこだけ違っているものが同じだけあるということで、拡張できて…。コペルニクス原理に対照させて…。型理論を使うのかなぁ。

JRF 2008年11月26日 (水)

aboutme:88495

つまり俎上にある共謀罪というのは、話合いのようなものすら不要という含意があるのではないか。もちろん、何の関わりもなければダメだろうが、互いに敵対しているようなWebページが、読者において何かの「真実」を示し行動を起こさせた、それをわかって放置していたというものも含むのではないか。

JRF 2008年11月26日 (水)

aboutme:88494

「共謀」というのは、話し合って何かの共犯になったというもの以上に、シンクロニシティみたいなもの、つまり、両者に別々の思惑があったんだけど、行為を互いになすうちに重なる目的とかを理解して、それをフィードバックかけて利用するようなことが含まれているのではないか。

JRF 2008年11月26日 (水)

aboutme:88430

虫歯ではなさそうなんだけど、右下顎の歯か歯のついてる骨が痛い。歯医者にいっても治らなかった。というか、マシになったり痛くなったりをくりかえしている。痛い場所も特定しずらい。なんなのかなぁ。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88429

各店のウィッシュリストが API を公開して、全部に登録する…というのはメンドウだしな。でも、それが Web 2.0 的スタイルなのかな?

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88428

積まれた効用というのはガマンの指標なのかなぁ。余計に与えられた効用がないようにないようにすることが善いことと感じられる。なくて良い方向に自分を作っていくことを善いこととする。…それが正しいという価値観もあるけど…もう少し中立にできないか…。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88424

だからちゃんと対価が払って過剰に与えられないようにしたい。…とか。余剰な供給力の範囲で匿名的共謀の利益をできるだけ大きくする…。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88423

なんで個人を特定されないことになってるほうがいいか?個人に対して特定のサービスを行うというのは、本来なら結構コストがかかることだからか?効用会計的に、それで実質的な益を得てしまうと、与えられた効用が高く積み上がってしまうのは意図せざるところ。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88421

ブログと同じで、メンテナンスにほとんど金がかからないから、基本無料、法人は低額の有料サービスで利用できる、とかすればいいのかな?

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88420

店が情報を使うのを有料にして…となると、個人の側で確認できなくするのだろうか、それでは使われなくなるだろう。GPS の団体使用料を高くできないか(↓のリンク参照)とか考えたことあるけど、情報を個人だけ安く、または、無料で使えるって実現するのは難しい。

JRF 2008年11月25日 (火)

» 続きを読む

aboutme:88419

集団ウィッシュリスト。…でも、そのシステムをどうファイナンスして誰が構築できる?公開されて地域の店はうれしいかもしれないが、例えばAmazonはうれしくない。じゃあ、地域活性化ということで地域(の連合)が投資したとして、ウィッシュリストだけのシステムを人が使うようになるだろうか?

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88418

店側は誰が買いたいとしているかまではわからないが、ジャンルなどから実は顔を思い浮かべることができる。…とか。仕入れるかどうかは、そういったところからあくまで自主的に判断する。仕入れたらメールで広告もするかもしれない。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88416

…。ウィッシュリストを ID を隠して公開する、みたいなものがあるといいのかな?地域や年齢層にひも付けされて公開する。とくに自分がよく使う店のある地域をタグとして指定して、そこで見て買いたいというのを公開する。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88415

プライバシーが…とか、需要がばれて売る方が有利になるから…とか、いろいろ感情はあるけど、金があれば必ず買うんだ、と思われたくない、責任逃れに近い感情がある。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88414

「自分の(…)欲求を正しく開示」…とか書いたけど、今私は自分の Amazon ウィッシュリストを公開しているわけではない。…やっぱり買いたいものを知られたくない。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88399

テレビのニュースで「~がインターネットに書き込まれていた」というのは「~という投書があった」というよりも、「私達」が差別を受けている感じがする。おかしな連帯意識?「あちらさんも必死だな」とか上から目線をとりたくなる、何で私はそんなに気にするのか。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88398

私が変な死生観をたれながしているのは事実で、そのあたりキチガイだから許されるということでもない、だろう。それほどの呪詛的効果はなくなっていると自分では思っているのだけれど…。そのあたりはもしかすると私の精神の調子がそう感じさせてないだけなのかな…。

JRF 2008年11月25日 (火)

aboutme:88397

死に至る苦しみを恐れながらも、死を受け容れているなら、それがすなわち苦行であるのではないだろうか。…いや、行が明らかに足りない私が考えるべきことではないな。

JRF 2008年11月25日 (火)

«前のひとこと

« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »

このころのニュース