« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月3日 - 2008年2月9日 »

2008年1月27日 - 2008年2月2日

aboutme:37170

ダイレクト・インストラクション(DI)って軍隊での訓練がもとになっているのかな?

JRF 2008年2月 2日 (土)

aboutme:37168

影響がもっとも小さいのは工場の問題とすることだったということはありえるかな。

JRF 2008年2月 2日 (土)

aboutme:37082

生物だから、いろいろ工夫のしかたもあるのだろう。…ほんと、どうやってるんだろう?

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37077

いや、分散をどのような方法で大きくするのかも問題か。「良い」もののとなりが「悪い」、例えば薬品漬けになってるとか…。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37063

重要なのは見わける目、検査機器の問題。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37062

あと今日の昼のニュースでやっていたブランド果実の話。あれは逆に分布の良いほうだけをとることで、むしろ最初はバラツキのあるほうが良く、売れるようになったら、じょじょに平均を上げて改善するという話なのだろうか。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37061

その背景には輸入できる小麦が良質になったということがあるのかもしれない。ちなみに、それが昨年のオーストラリアの不作で危機にあるかもしれない、と。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37059

特に思いいたるのが、これがパンを例としていたこと。我々が知るように、まさにこのパンこそ 80 年代以降、工業化すなわち規格化から、再度手造りへと辿っていったものだ。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37057

そこで規格化を通じた工程改善を「正義」としたのは、たぶんに科学のコトバを用いた政治であって、昨日書いたような操作をするぐらいなら、それらを別の商品として扱えるようにするから心配するな、ぐらいの意図があったのかもしれない。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37055

でも、その章のトビラにあるように「公平」にするなら量り売りをするという方法もあり、分散を小さくする工程改善にも金がかかる。結局、どれがいちばんコスト安かという問題だ。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37054

はじめのほうに出てくるパンの話で、規格化のススメが出てくる。分布の悪い方のスソを切るようにしようという話だ。平均を上げるにはコストがかかるから、分散を小さくすることが「正義」なんだという話が出てくる。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37052

1968年刊の『推計学のすすめ』(佐藤 信, ブルーバックス)を読んでいる。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:37033

月しょっぱなだが、Amazon もうセルフリミッター1万円ギリギリ使いはたしました。今月、ガマンしきれるだろうか。

JRF 2008年2月 1日 (金)

aboutme:36876

グラフで見れば山が二つできるはずだが…。そうならないようにしてるってことなのか?

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36874

味の平均値を下げるかわりに、保存期間の平均値を上げる操作なのかなぁ。でも、そういう操作がなされているというのも何とかそればわかるような気もするんだが。……どうやって見破ればいいんだろ?

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36872

何なんだろうとずっと不思議に思っている。分散を大きくしても意味はないはずなのに、試験機器でも試すのだろうか。わざと品質を落として、他のもののブランド価値を高めてるわけでもないだろうし。

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36871

ずっと前にNHKの名曲紹介のビデオの背景として何かの液体をビン詰めする工場が映ってることがあって、その工程の一つとして人が4,5本に1本くらいの割合で何か(気体)を入れているというのがあった。

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36848

ちなみに、今日の夕食のおかずは餃子でした。

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36847

大事なのは信用。そうだから、これまでの話はまだはっきりしてない段階で、何かあったように扱うということで、私が信用をだいなしにしていた。この点は間違っていた。

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36844

とりあえず私は主人ならぬ下僕的立場にあるが、そういう身としてもダメなものはダメと気をつけていかねばならない。そう自戒しよう。…って説教くさいか。

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36843

黙する仲にも互いに敬意を持つ。これ大事ね。…って、まぁ、そうなんだけどドツボにはまっていってる気が。

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36842

「職人」のワザにちょっとした。不満を持つことがあっても、人は尊敬した上での指摘でなければ、生活の中でいつか、しかえしをされるのはあたりまえ…。って、あわわ。だから、そういうことじゃないって。

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36840

不満感があったとき、ちょっと下痢させてやれ…とかいうコトワザみたいなものがあるとか…。あまり罪悪感もなく。ちょっと思いあたることがあるんだけど…。いやいや、ウカツなことはいうべきでないな。←書いてるじゃん。

JRF 2008年1月31日 (木)

aboutme:36666

餃子で嘔吐感って…。私がおそらく食べすぎで、よくなるやつとはまた違うのだろうな。

JRF 2008年1月30日 (水)

aboutme:36659

久々に手書きで微分した。解の公式すらアンチョコ(オイラーの贈物)を見て確かめた。頭の中だけの計算じゃいまいちだ。なんといっても手を動して解くと爽快感みたいなものがある。

JRF 2008年1月30日 (水)

aboutme:36494

気付いてみるとウチの周りの自販機で紅茶のストレートを売ってるのはキリンの午後ティーしかない。別にそれで困らないけど…。物価高?

JRF 2008年1月29日 (火)

aboutme:36332

一つには自分で「実証」しようとすることが必要なのだろう。でも、それができなくなっているんだよなぁ。そこをなんとかすべきなのか、それとも別の方法があるのか…。組識の中の一員なら、それを誰かに託すという道もあるのだろうが、さしあたり私にはない。ネットを利用して…も私にはダメだった。

JRF 2008年1月28日 (月)

» 続きを読む

aboutme:36286

読みやすいものだけ読んで、それでも時間がつぶれている。ような気がする。まるで、安い本はやたら買うのに高い本は避けていて、安っぽい知識しか身につかない状態のようだ。どう変えていけばいいのだろう……。

JRF 2008年1月28日 (月)

aboutme:36279

まぁ、嫉妬もあるけどね。でも、そのバイアスが大きいとも、この場合は思えない。

JRF 2008年1月28日 (月)

aboutme:36278

「未成年のタバコ」と「結婚前のセックス」って、もちろん、後者のほうが重いけど、そう答えると処女崇拝とか保守的とか言われかねない。別にセックスが悪いわけではなく「結婚前の妊娠」が中絶するにしろ産むにしろ、いろいろその後を考えるとまさに「重い」わけで。

JRF 2008年1月28日 (月)

«前のひとこと

« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月3日 - 2008年2月9日 »

このころのニュース