宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:93638

「疑いをしたためる」とすればどうかと今は考えてる。でも、文脈では「疑いをしたためらせる」の形にすべきなのだが、「したためる」がこなれてないから、どうもしっくりこない。「疑いをしたためるようにさせる」だと長いし…。

JRF 2009年2月 2日 (月)

いや「あきらめる」が「あきらめさせる」みたいに「したためさせる」が正しいのか?「したたませる」「したたまらせる」もありそうだ。文法を辞書で調べると、「したためる」は下一段活用で未然形「したため」が「させる」につく「したためさせる」が正しいようだ。

JRF 2009年02月02日 6650

こなれてないのではなく、文法的におかしいからしっくりこなかったのだろう。…いや、でも「疑いをしたためさせる」はなんか違和感がある。

JRF 2009年02月02日 5046

私が確か時代劇かなんかで聞いたことあるのは「したたませ」るだな…。「したたまる」が四段であったという記述もある。いま辞書では「認[したた]める」と書いてるけど、むしろ「強[したた]か」をつかって「強[したた]ませる」と書いたほうが私の語感にピッタリくる。

JRF 2009年02月02日 6569

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。