« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:96582

《知り合いの道を語り解く》で、「厳父のモデル」の一つとして「苦は物的な支えによってわかちあうべきだが、楽は恵みが在りえたという知識を共に喜ぶべきだ。」と書いた。しかし、苦しみにこそ知識をわかちあうことを必要としている。人は自分だけの苦しみだと考えがちだからである。…本当か?

JRF 2009年3月16日 (月)

《知り合いの道を語り解く》
http://jrf.cocolog-nifty.com/religion/2009/02/post-3.html

JRF 2009年03月17日 8136

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51547921

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース