宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:98917

組識にいるものなら、追放すれば結果責任を負わせたとできるが、違う組識の場合…。あらかじめ何か罪を起こさせておいて、責任を負わせるときその罪で裁く、とか。それだと一方的に命令を聞くだけになるから、互いに弱みを持ち、むしろそれを組織原理とする…。昔のスパイ・ヤクザ小説にありそうな…。

JRF 2009年4月17日 (金)

そして時効までの期間を延長することは、支配の期間を延長するということで、少し前の時効に関するひとことに繋がるといえば繋がる。

JRF 2009年04月18日 5966

typo 「組識」→「組織」。

JRF2014/7/251650

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:119105 from JRF のひとこと

時効まで逃げ切れることを見越して罪を犯すものはいない。何がしかの恐れから罪を犯すことが多いとすべきで、殺人の時効を伸ばして恐れを増せば、補助線的には例えば、スパイを増やすことによって闇で人死にを増やすことになる。... 続きを読む

受信: 2012-01-06 07:02:53 (JST)