« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:100252

でも、HIV否定論とかを見てると、そういうのは現在の保健の考えとは共存しにくいのかもしれないな。あえて繋げるとすれば医者にまずワクチン投与するってのが考え方が近いのかな?

JRF 2009年5月 5日 (火)

2008年02月14日から20日までのひとことでも、ワクチンとかのモデルについて考えている。

ブクマ↓との関連も少しはあるかな。(ブクマは 2009年03月03日のひとことを元に書いた。)
はてなブックマーク - 私の人生観を決定づけた大森荘蔵の言葉 - finalventの日記
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20090303/1236042614
>吉の上と凶の中には十字架があるのですよ。凶は凹で、吉は凸。人はテトリスを実行するように凹の sein に凸の sollen を見出してしまう。…<

JRF 2009年05月06日 2808

病気のマーカーの戦略を基にするのが凸、感染をあえて受け容れるのが凹。

凹が有利になる環境に愛が創発する…、動物にも愛があるんだろうか?わざと咳ができるようになる個体は排除される…そこに真実と愛が結びつく契機があるんだろうか。ジェンダー的に問題がある見方かもしれないが、凹がキレイ好きというのは上と反する事実かもしれないが、感染はしかたないものとして、感染後の健康状態を保つ戦略とか…ヘンか…?。

JRF 2009年05月06日 6348

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548151

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:117067 from JRF のひとこと

ホメオパシーがあるかないかと言えば、ある。ワクチンの発想はもろホメオパシーだし。でも、ワクチンを病気にさせず、かつ有効にさせるためには「ホメオパシー」的なアバウトな発想ではできない。... 続きを読む

受信: 2012-01-06 09:26:27 (JST)

このころのニュース