« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:102160

でも、それってどういうことだ?なんか、私は計算可能論の三つのシステムの等価性「チャーチ=チューリングのテーゼ」をイメージしてしまう。計算量と鍵無限が、帰納関数論とチューリングマシン、super な介入がラムダ計算みたいな連想をしてしまう。

JRF 2009年6月 1日 (月)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548252

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース