« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:102445

いや、もしかして仮にそうであったとしても、それが人間としての一生で自分が負える責任に留まっていれば善い、ということではないか。そういう救いの認識は得られないだろうか。(逆にそうでなければどうなるというのだ。神に求めた責任を死後に負うとでもいうのか。)

JRF 2009年6月 5日 (金)

>神に求めた責任を死後に負う<。それは自分を神と勘違いする別の生命体として転生するということか、それとも「天使」として派遣され苦しむことになるのか。いずれにしろ正統な一神教とは違うものになるのかな?

JRF 2009年06月06日 8433

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548307

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:102766 from JRF のひとこと

>神に求めた責任<に応じる「罰」として「天使」として派遣されることも「災厄」のように区別なく今の人にふりかかることなんだろうか。 続きを読む

受信: 2012-01-06 19:11:55 (JST)

このころのニュース