« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:102446

それは一つの死生観でしかない。もっといろいろな認識に人は達しうる。だが、そういった観方は社会に存在し、それが無意識となって発明で一つの範[のり]を超えるような者を襲う。ある種の見神の体験はそのようなものだろう。

JRF 2009年6月 5日 (金)

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548308

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース