宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:102766

>神に求めた責任<に応じる「罰」として「天使」として派遣されることも「災厄」のように区別なく今の人にふりかかることなんだろうか。

JRF 2009年6月10日 (水)

引用は↓のひとこと。
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/102445

>「災厄」のように区別なく<というのはノアなどに関して2008年08月29日から09月02日に書いたものをもとに言っている。
> 悪が「誰か」を区別せず、かといって人全体に平等に何かするわけではないので、別の誰か「だけ」が他の誰かの応報により苦しむ。だから、その応報として間違った部分を人が人を責めることで補うという論につながる。<

JRF 2009年06月10日 5309

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。