« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:109989

古いゲーム。大変だけど楽しい。たま~にしたくなるゲームとか、引っ張り出すのが大変だから、ハードディスクに入れてできるとスゴくラク。今はダウンロードしたゲームのほうがハードディスクに置いとける。「完全な所有権」とするのにそういう買い方もしておくことを検討すべきなのかな。

JRF 2009年10月 3日 (土)

でも管理がすべてあちらというのが気持ち悪いんだよな。

別のゲーム会社が相互にエミュレータへのダウンロード物所有権を認めて、ゲーム機をまたがって、ダウンロード物を移転できる。将来に渡って持ち出しがだいたい保証されている、とかなったら。すでに ROM を持ってるゲームもダウンロードで買う価値があると私はしてしまうだろうな。

JRF 2009年10月03日 0248

修正「すでに ROM を持ってるゲームも」→「すでに ROM を持てるゲームなら」。

配信だけで、ROM を持てないゲームというのはダメだというのが持論。ただ、ある程度、技術的な保護があって、それが「しばらくは」破られないのは「公正」の範囲だと思う。

JRF 2009年10月05日 4054

2009年06月22日、06月23日あたりのひとことが関連。
>ネット接続状態ならハードディスクインストールは認められるよう規制すべき…と考える。<
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/103508

>貸出可能物などの規制を、そもそも適格和解から導けるだろうか?<
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/103713

JRF 2009年10月05日 8085

ゲーム機間の移動の保証は、ゲーム機メーカーではなくソフトハウスが行ってもいい。移動に一定のコストを要求してもよく、最初はアップグレードキャンペーンのように、すでにダウンロードしたゲームについては優待価格で買える(ただし、一ユーザー一ライセンスで、同時に二つ起動できないという制限あり)とかすればいい。

ただ、エミュレータの製作コストもあるわけで、ゲーム機メーカーが介入できないとおかしいし、かといって、この動きをゲーム機メーカーが妨害するのも望ましくない…。力のある関係者が多すぎる…。

JRF 2009年10月06日 9721

今のニュースとしては Playstation 3 で Playstation 2 の互換が削られたが、Playstation 2 の特殊処理についてエミュレーションに関する特許があり、望みがでてきた↓。
6.11 PS、PS2との互換性
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B33#PS.E3.80.81PS2.E3.81.A8.E3.81.AE.E4.BA.92.E6.8F.9B.E6.80.A7

JRF 2009年10月06日 0169

あと黒に近いグレーだけど↓とか。
PS3持ってる人のブログ : Xbox360でPS2エミュレータが作られた?
http://blog.livedoor.jp/soul_of_death/archives/1655502.html

ソフトウェアメーカの協力も得られるなら、かなりのことができそうだけど…。

JRF 2009年10月06日 0944

…と思ったら、Xbox360 についてはガセ?

JRF 2009年10月06日 3650

ゲーム機間の移動に付随して、セーブデータの移動というニーズは当然でてきて実現されるべきだろう。…という話を枕にして、もう少し話を進めたい。(毎度のことながら、リアルタイムで読んでる人はいないと思いつつ。)

おそらく、ゲーム機メーカーは、ダウンロードしたものはメーカーからの貸出であるとしたいだろうが、ROM を持っている人には「所有」に近い概念を与えることもできる。

JRF 2009年10月07日 9716

ROM を持っている人による紹介プログラムを実施するのである。↓にある貸出アフィリエイトの変形のようなことを考える。
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/105942
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/106175

ROM を誰が持っているのか確認はできない。しかし、正規の ROM であることはだいたいゲーム機から確認できるとしよう。ROM の所有権者のみを優遇するということは(刻印して登録する窓口でもない限り)できない。

JRF 2009年10月07日 2631

そこで、まず、借りてでも ROM を持っている人がいたら、その者に優待割引をする。ただし、その ROM を紹介した者(ほぼすなわち貸主である所有者)を入力させ、その紹介数が例えば 5 になればシルバー会員となり、10 になればゴールド会員になれ特典が受けれる、などとして紹介者を優遇する。

JRF 2009年10月07日 1241

そして、この会員権をセーブデータを移動できるようにゲーム機間で移動できるようにする。こうすると、ほぼ所有権の特別性を確立できる。さらにゲーム機間で移動するときにはランクを一つ下げることにし、新しいゲーム機においても紹介プログラムを実施するよう促せば、ROM を紹介プログラムのときだけ借りるのではなく、長期持ち続けることへのインセンティブが生まれると夢想する。

ちょっとマルチ商法くさいのが気になるが…。

JRF 2009年10月07日 7005

「マルチ商法くさい」というのは…。

上のひとことのリンクの一つで述べている>貸出関係の履歴を握り、買ったか買わなかったかが貸主にバレることを許し、「人間関係を現金化」することを奨励する<に関連する。

じゃあ、誰の紹介で買ったか貸主にバレないように「また貸し」に相当することを認めましょう。紹介された上での「プレゼント」として自分以外の他者にあげることを許しましょう。それで、貸主に与えられるポイントを複雑に計算することにしましょう。

JRF 2009年10月09日 2880

…となると、「親」である第一貸主に借りた「子」が今度は第二貸主のような形で「親」になり、第一貸主にキックバックが入るようになるだろう。で、親はその地位に応じて特典を「仕入れ」、それを現金化できたり、仕入れるのがソフトでまた貸出に回せたり、といった具合になるかもしれない。

マルチ商法は「実績」があるので、「ガキ」相手にできれば、カタい商売なのかもしれないが…

…というようなこと。

著作権だから特別に認める…とかありえるのか?

JRF 2009年10月09日 2908

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548547

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:129706 from JRF のひとこと

現在のゲーム機では、ゲームをダウンロード購入できる。パッケージで発売済のゲームも購入できるが、その際、パッケージを持っているからといって割引が受けられるわけでもないようだ。これはパッケージを借りているだけの者が割引対象とならないようしているのだろう。... 続きを読む

受信: 2012-01-05 11:13:42 (JST)

» aboutme:127865 from JRF のひとこと

トレーディングカードとネットゲームの組み合わせを考えるとき、家庭にあるスキャナ(付きプリンタ)で、そこそこの偽造防止&認証付きでトレーディングカードを読むとかいう技術はないのかな。ネトゲ会社から配られる光学的に「個性」のあるフィルムケースにカードを入れて、それをスキャンするとか。... 続きを読む

受信: 2012-01-05 12:47:33 (JST)

» aboutme:112026 from JRF のひとこと

↓のブクマ。参:ガンパレ・マブラヴ・ゼーガペイン。今は亡き SEGA SATURN の Virtua Fighter 2 で明かした夜を思い出しながら、あずまんが大王の商財の記録『大阪万博』を読んで。 続きを読む

受信: 2012-01-06 11:00:20 (JST)

このころのニュース