« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

2009年3月22日 - 2009年3月28日

aboutme:97350

気温はそれほど低くないはずだけど、手が冷たい。

JRF 2009年3月27日 (金)

aboutme:97349

もちろん、パソコンは「少し」高いものどころではない。辞書とか高くて手を出してない本を買おうか、何枚か組の CD を買うか、といったところ。給付金の額ぐらいの予算までで。

JRF 2009年3月27日 (金)

aboutme:97341

PC経由での音楽を聴くために静音パソコンが欲しいが、そうすると時間がさらにくわれるようになりそう…。

JRF 2009年3月27日 (金)

aboutme:97339

あっちゃー、問い合わせをするの、もう一日待てば良かった。今日には問題が解決されていた。手間をとらせた上に厚遇してもらった。来月は少し高いものでも買うか…。

JRF 2009年3月27日 (金)

aboutme:97288

急ぐわけでもないけど、でも、問題がある以上はそれを客の側から告げたほうが良いと思う。一方で、「問題があれば下請の取引が停止されるんだよ」という噂で問題を上げなくさせるやり方は、どこまでどの側の策略なのかわからないけど、この社会にはあるから、どう行動すべきか迷いもする。

JRF 2009年3月26日 (木)

aboutme:97137

「使われる日が来る」って、もうそうなってるという話もあるんだけど…。

JRF 2009年3月23日 (月)

aboutme:97135

政府紙幣の問題は、予算制約が事実上なくなるので政商への期待が昂まり「政治腐敗」がおこらざるを得なくなることにあるのだと思う。長期的に行えば歯止めがない、もしくはおかしなことで歯止めをかけてる状態になるし、短期で終らせることを認めれば選挙対策として使われる日が来るだろう。

JRF 2009年3月23日 (月)

aboutme:97134

資本の規制は問題が多いけど、経済犯の引渡条約という形で間接的に「攘夷」的主張を納得させることはできないだろうか。投資先の国でその国内で本社的実体支配のある支社責任者がいれば、本社責任者の引渡の必要はないとする。逆に言えばそうでない支配は罰を外に遡及させるよ、というもの。…どうか?

JRF 2009年3月23日 (月)

» 続きを読む

aboutme:97131

思ったよりも Google Ads って表示されるんだなぁ。効果が出ることへの自意識の呵責が苦しいが一ヶ月は様子を見よう。

JRF 2009年3月23日 (月)

aboutme:97130

逆に「救いがあるから、つっこんでいいんだ」と思わせないというのも大事な方向だし。

JRF 2009年3月23日 (月)

aboutme:97129

「散文詩:救いの無力さ」というタイトルだけを見て「無力でも救いはあるんだ」と思ってくれるよう期待はできないか、さすがに。少し相対化されるように「散文詩」を前に付けたけど、もっとポジティブな一文にすべきか…。でも、プロの宗教家でもない私の責任ではレトリックの限界があるし…。

JRF 2009年3月23日 (月)

«前のひとこと

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

このころのニュース